非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

プロ野球の曖昧さ

球場の広さ

 

 

プロ野球のファンになって数十年。

ボクは12球団のファンなので、特定の好きな球団は無いのですが、野球って不思議なスポーツです。

 

まず、ユニフォームがダサい。

バスケ、サッカー、テニスなどのさわやかなユニフォームを見た後で、書くプロ野球球団のユニフォームを見ると、ホントにダサい。

オッサンがダサいユニフォームを着て玉を投げて木の棒に当てて拾うスポーツ。

これがボクの長年のプロ野球に対するイメージです。

スポーツの特性上、仕方が無いんですが、このダサいユニフォームのスポーツが日本では一番人気ってコトは、ユニフォーム以外の魅力があるんでしょうね。

 

球場の広さもデタラメですよね。

ちょっと古い記事ですが。

 

www.b-chan.jp

 

 

各球団は、1年間の試合の半数をホームグラウンドで行い、残りの半分を相手のグラウンドで行います。

各球場の大きさや性質はバラバラなので、当然、各チームの競技条件は異なります。

人工芝の球場をホームグラウンドとするチームは、当然、選手は疲れやすくケガもしやすいです。

 

 

打率

 

 

ボクが最も不思議に思うのは、バッターの打率なんですよね。

学校のテストで考えた場合、成績が優秀な生徒は、100点満点で80点くらいを獲ります。

30点で優秀と言われるコトは、まずありません。

プロ野球のバッターでは、3割打てば優秀です。

10回中7回失敗する職業が優秀なんです。

 

どんなに優秀なバッターでも、10回中4回成功するコトはできません。

 

これって、ボクだけかもしれませんが、もしかしたら、ほとんどのバッターは、確たるバッティング技術は無いのでは無いかと。

つまり、たまたま100打数で30安打すれば賞賛され、それ以下だと2流3流。

 

ピアノで演奏するプロが100個の音符を演奏したら、普通は100個とも正しく鍵盤を叩けます。

 

これがボクのモヤモヤなんですよね。

 

コインを上から落とすとします。

100回やって表が出たのが、Aさんは65回、Bさんは60回、Cさんは55回、Dさんは45回、Eさんは40回。

各人が一致する方が確率的には低いはずですから、このように、各人がバラバラになります。

この場合、Aさんは実力に関係無く一番優秀なんでしょうか。

コインの表裏が出る確率は50%ですが、このようにバラツキが出ます。

バッターの打率も各選手ごとにバラツキが出ます。

これも、もしかしたら、コインの表裏のように偶然なのでは無いかと。

何せ、10回中3回しか成功しないのですから。

たまたま3回だけ上手く行っただけなのでは無いかと。

 

いざ書き始めてみると、ニュアンスが上手く表現できませんでした。

 

なぜ、10回中7回失敗するのは優秀で、10回中8回失敗するのはダメなんでしょう。

10回中7回成功するのなら優秀だと思えるんですが。

つまり、もしかしたら、全バッターが、コインの表裏のように、たまたまのバラツキの中で競っているのでは無いかと。

 

スミマセン。

次は、もうちょっと上手く書けるように練ります。

ニュアンスを伝えるのって難しい。