非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

スポーツを男女別にする理由がわからない

常識を疑え

 

 

この世界にはたくさんの常識がありますが、常識が正しいとは限りません。

間違った常識も存在し、歴史の中で、見直されるコトもあります。

既成概念や常識を疑うコトは、頭のトレーニングにもなります。

 

ボクは、常々、スポーツの男女別と言う考え方に疑問を持っています。

なぜ、多くのスポーツは男女別なんでしょうか。

 

と言うと、

 

そりゃ、体力、運動能力に男女差があるからだよ、

 

と言う答えが返ってきます。

一見、正しいと思われる、この答え。

よく考えると、全然正しくはありません。

 

 

体力差

 

 

男女で体力差があるのは、トップの値と平均の値です。

話をカンタンにするため、走る速さについて考えてみます。

 

図を見てください。これは、男女別にAさんからIさんまで足の速さを示したモノです。

足の速さ

 

 

一番速いのは男のAさんです。

また、平均を見ても男の方が速いです。

では、足の速い5人チームを作るとすれば、男の5人(A、B、C、F、G)を集めれば良いのでしょうか。

もちろん違いますよね。

図を見れば明らかなように、最速の5人チームを作るのなら、A、B、C、D、Eの5人で作るべきなのです。

トップの値は確かに男が1位です。

平均の値も男の方が速いです。

しかし、すべての男がすべての女に対して速いと言うコトではありません。

なので、最速のベストチームを作るなら、男性チームを作る意味は無いわけです。

性別で分けるのは無意味で、それよりも成績で振り分ける方が合理的です。

 

他のスポーツでも同じなんですよね。

例えば男子野球と女子野球とでは男子野球の方が人気があります。

その理由は、男の方が体力やスピードがあるからと言われています。

しかし、今回の図でわかったように、単純に性別で分けてしまうと、男より体力がある女は排除されるわけです。

結果、最優秀のチームはできません。

もし、体力があるコトを求めるのであれば、性別では無く、体力テストの結果を採用した方が合理的です。

そうすれば、女性より体力が劣る男性は排除され、チームとしては、より高いレベルになります。

 

話をカンタンにしたいので、あえて語弊のある言い方をしました。

考え方はわかってもらえたでしょうか。

 

このように、突き詰めて考えると、実は論理的には矛盾しているのに、世の中には正論として通用している意見がたくさんあります。

大切なのは、

 

  • 既成概念が正しい。
  • みんなが言っているから正しい。
  • 昔からあるから正しい。

 

と決めつけないコトです。

決めつけは思考の放棄であり、それは人間の能力のひとつを使わないコトになり、もったいないのです。

また、間違いに気付かないと言う意味でも、思考の放棄は良くないのです。