非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

Apple Pencilを購入したので感想文

Apple Pencil第1世代

 

 

先日、チラッと書きましたが、Apple Pencilを買いました。

ほぼ、ブログ記事ネタにするためです。

 

現時点で、Apple Pencilには第1世代と第2世代があり、第2世代はiPad Pro専用です。

ボクが使っているのは無印のiPadの第7世代なので、第1世代のApple Pencilを買いました。

第2世代のApple Pencilは非常に優れているんですが、第1世代の方は、充電するのにキャップを外す必要があったり、充電方法が異常だったりします。

Apple Pencilの充電端子がLightningのオスなんですね。

だから、iPadのLightningのメス端子に差し込んで充電するわけです。

Apple Pencil

 

 

ご覧のとおり、マヌケそのもの。

もちろん、その間はiPadの充電はできません。

このシステムは、Appleの歴史に残る汚点でしょうね。

キャップも紛失しそうなので、常に外しっぱなしです。

 

 

書き心地

 

 

Apple Pencilの書き心地を試すために、有名なアプリを3種類、インストールしました。

  

Procreate

Procreate

  • Savage Interactive Pty Ltd
  • グラフィック/デザイン
  • ¥1,220

 

CLIP STUDIO PAINT for iPad

CLIP STUDIO PAINT for iPad

  • CELSYS,Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料

 

Adobe Fresco - スケッチ・ペイントアプリ

Adobe Fresco - スケッチ・ペイントアプリ

  • Adobe Inc.
  • グラフィック/デザイン
  • 無料

 

 

どれも、超高機能なアプリで、アプリとしての機能は文句なしです。

機能を覚えるのも大変ですが。

 

この3種のアプリでは、書き心地はAdobe Frescoがトップですね。

全2者は遅延があるんですよね。

Apple Pencilは高額なので、他社のタブレットなどとは違ってスムーズに描けると思っていましたし、実際にスムーズに描けるんですが、全2者は、ペンの動きに対して、ごくわずかに遅れます。

Adobe Frescoは遅延を感じられません。

このあたりは、さすがAdobeの技術力なのか。それとも、他の原因なのか。

ただし、どのアプリも速記メモアプリでは無く、絵を描くためのアプリなので、そんなに急いで描くコトは無いと思います。

実用上は問題無いですね。

 

先日も描いたんですが、Apple Pencilには、筆圧検知と傾き検知の両方があります。

この2つの性能が描画に大きな影響を与えます。

他社製のペンは確かに安いんですが、どちらかの機能が欠けています。

なので、どうせ買うなら、本来の機能を活かせる純正のApple Pencilを買う方が、結果的にはオトクなのでは無いかと。 

金額は、こちらの記事で計算しました。 

 

www.b-chan.jp

 

 

ひとつ気になったのは、iPadの画面がガラス製なので、鉛筆と紙の書き心地には大きく見劣りするコトですね。

画面が固くてツルツルなので、狙いどおりに描くのには慣れが必要です。

画面に柔らかめのフィルムを貼る必要がありそうです。紙のような質感を売りにするフィルムが売られていますね。

あと、Lightningのオスをメスに変換するアダプタも欲しいですね。

これがあれば、一般的なLightningケーブルでApple Pencilを充電できるようになるので。

 

ちなみにApple PencilをiPhoneの画面に当ててみましたが、何の反応も無いですね。

 

そんなわけで、とりあえず購入インプレッションでした。

面白い使い方があれば、今後も書いていきます。