非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

新型iPad Proの現時点で最大の疑問

新型iPad Pro

 

 

今日、新型iPad Proが発表されました。

同時に発表されたキーボードがMagic Keyboard。

iPad ProとMagic Keyboardを装着した状態がこれ。 

iPad Pro

 (画像はiPad Pro - Apple(日本)の引用です。)

 

 

従来のキーボードと違うのは、キーボード自体にトラックパッドが搭載された点です。

また、マウスにも対応しています。

 

 

トラックパッド

 

 

ボクは、生まれて初めてiPhoneを触ったとき、その余りのスムーズな動きに感動しました。

それまでにも、例えば銀行のATMやカーナビなど、タッチパネル機器は存在したんですが、タッチパネルと言うモノは動きがぎこちないのが当たり前だと思っていました。

それを覆したのがiPhone。

そして、Macのトラックパッドもこれまた賞賛すべき操作性。

 

www.b-chan.jp

 

 

ボクは長年、WindowsパソコンとMacの両方を使っていますが、Windowsパソコンでタッチパッドが使いやすい機種に出会ったコトがありません。

だからマウスが必須です。

でもMacは逆にトラックパッドがすごすぎてマウスを捨てました。

 

そんな中、今回のiPad Proに対応したトラックパッド付きのMagic Keyboard。

 

かつて、スティーブ・ジョブズは言いました。

ノートパソコンをタッチパネルにしない、と。

わざわざ手を持ち上げて画面を触るのは操作性に難があるからです。

だからいまでもMacの画面はタッチパネルでは無く、それを補って余りあるすばらしいトラックパッドがあるわけです。

トラックパッドのメリットは何と言っても指で画面が隠れないコト。

 

ところが、従来のiPadシリーズのキーボードにはトラックパッドがありませんでした。

つまり、iPadとキーボードを合体させると、腕を持ち上げて画面に触る必要があったわけです。

これはMacの思想と矛盾します。

恐らく、Appleのデザイナー、ジョナサン・アイブあたりは当時から気付いていたでしょうね。

 

そこに、ついにiPad Pro用のトラックパッド付きMagic Keyboard。

これで、iPad Proでも、手を持ち上げずに操作が可能になりました。

Macとの整合性がとれたわけです。

ボクが今回の発表で、その点が一番大きいと思っているんですよね。

 

ちなみに、従来のiPadとキーボード、あるいはMicrosoftのSurfaceは、本体とキーボードの合体状態が何となく不安定で、膝の上で使うのには向いていませんでした。

でも、今回の新型Magic Keyboardは、ノートパソコンと同じくヒンジ方式。

なので、ノートパソコンと同じように膝の上でも使えますね。

マウス無しでもトラックパッドが使いやすいので、膝の上でも使いやすいのです。

 

最後にひとつだけ疑問。

いくらトラックパッドがあってもマウスがあっても、Apple Pencilだけは画面に直接触れるしかありません。

その場合、画面を縦にした状態では無く、寝かせる必要があります。

現時点ではまだ詳しい情報はありませんが、新型Magic Keyboardは角度調整は可能とのコト。

はたしてそれが、水平になるまで倒せるのでしょうか。

そうしないと、Apple Pencilが使いにくいですから。

 

今後の情報を待ってみたいと思います。