読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneと相性ぴったりのエネループ(eneloop KBC-L2AS)

iPhone

モバイルブースター

ずいぶん前にもちらっと紹介しましたが、ボクは、iPhoneの予備バッテリーとして、これを使っています。


SANYO eneloop KBC-L2AS


充電式のバッテリーというのは、充電して満タンにした状態でも使わないでほうっておくと、自然に放電して減っていくのが普通です。
下手すると、満タンにしておいたのに、いざ使ってみるとほとんど空だったということもありえます。
要するに、充電式バッテリーって使いにくかったんですね。
しかし、eneloopシリーズは、この自然放電を極力無くしたところがポイントが大きいです。
同社のWEBサイトによれば、満タンにした状態で1年くらいほうっておいても、85%くらい残っているそうです。
あと、繰り返し1500回使えるところもポイントが大きいです。
さらに、乾電池と違って、使い終わりに近づいてもほとんど電圧が落ちないんですよね。つまり、最後のほうは表示が弱々しくなるという事が無いわけです。逆に言えば、使い切ったらストンと切れると言うことです。
そのうえ、従来の充電池だと、継ぎ足して充電していくとメモリー効果というのが起こって、あまり電力が得られないという弱点がありましたが、それも克服されています。
要するに、eneloopってのは、普通にいつでも充電しておいて、気楽に使って、減ったらタイミングなどを気にせず普通にまたいつでも充電できる。
そういう使いやすい充電池です。
そんなeneloopシリーズの中の、KBC-L2ASは、iPhoneにしっかりと対応しています。
世の中にはiPhoneに対応していなくて、差し込んでも充電が始まらないバッテリーもありますが、これは大丈夫です。ボクも日々、活用しています。
バッテリー容量はiPhone3GSを2回以上満タンにするだけのものがあります。
デザインも真っ白でシンプルでiPhoneと持ち歩くには違和感もなくオシャレだと思います。
スマートフォンの宿命で、使い込むほど早く切れるバッテリー。
こういう予備バッテリーを持っておくことをオススメします。