読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

mixiの入会方法(iPhoneで入会できるようになった)

iPhone メール つぶやき 携帯電話

mixiにもiPhoneの波が

mixiって、もともとは友人や知人からの招待がなければ入れなかったんですよね。
ボクも友達に誘ってもらって会員になった一人です。
でも、その後、招待が無くても、自ら入れるようになりました。
ただし、携帯電話がなければ入れませんでした。
要するに、一人ひとりの素性をなるべくはっきりさせたコミュニティ形成をする意図があったわけです。
携帯電話というのは1台1台に個体識別番号というのがあって、例えばAさんが自分の携帯電話でmixiに加入した場合、その携帯電話を借りてBさんがmixiに加入することはできなかったんです。あくまでも自分の携帯電話を使う必要がありました。
こうやってmixiは一人ひとりを明確に識別していたわけです。
こうすることで、コミュニティ内に得体の知れない人が入ってくることを防ぐことができるので、コミュニティの健全化につながりますが、そもそも、こういうmixiなどのコミュニティ運営事業者は、モバイルコンテンツ審査・運用監視機構という団体によって、個体識別番号を把握することを規定されています。
で、iPhoneやExperiaなどの海外のスマートフォンには個体識別番号というのが無いのでこれらのユーザーはmixiにユーザー登録することができませんでした。
ただし、mixi自体はスマートフォンでも使うことができました。
つまり、いったん普通の携帯電話でmixiに会員登録すれば、それ以降はiPhoneなどでmixiを使うことができるという変な状態だったわけです。実際、iPhone用のmixiアプリもいろいろ出ています。
そんな状態でしたが、さすがにこれだけiPhoneが売れてくると、当然ながらiPhoneでmixiに登録したいという声が増えたんでしょうね。
ついにiPhoneだけでmixiに登録できるようになったわけです。
で、iPhoneには個体識別番号が無いので、どうやってmixiはユーザーを識別するんでしょうか、という話になるわけです。
もしかしたらユーザーを識別してないんですかね?


で、ボクが何を言いたいのかというと、個体識別番号を認識しないということは1台のiPhoneでいくつものmixiのアカウントを取れる可能性があるわけで、そうなると今までのように素性のはっきりしたユーザーばかりではなくなるんだろうなあ、ということ。
と言いつつ、mixiのように会員数が1000万人をはるかに超えるサービスって、そもそも全員が素性がはっきりしていて問題ないかといえば決してそうでもないような、ということ。
例えば、健全なAさんが健全なBさんを招待したけど、そのBさんが途中で心変わりがして不健全になり、不健全なCさんやDさんを招待してしまえば、結局、不健全な会員もたくさん増えてくるわけです。
よく、インターネットで出会って詐欺に合う人いますよね。
つい先日も、インターネットで口説かれて一度も会わないうちに結婚話まで進んで数百万円を振りこんで騙し取られたってニュースがありました。
ボクいつも思うんですけど、どんなに技術が進んでも、そのスピードと比べて人類の体や頭脳の進化なんて圧倒的に遅いわけです。何万年、何十万年もかかってようやく進化します。
何か大きなことをするときや、相手に意見を求めたり確認したり、もっと言えばケンカをするのだって、やっぱりメールやチャットやネットじゃなくて、実際に会って、相手の目をみてやるべきだと思うんですけどねえ。
メールなんて、本当に困ったもので、何か書いて送ると、相手は勘違いして、いつの間にかこっちが意図していないことまで言ったことにされてしまって、つまり事実誤認ですよね。
そしてそれがきっかけでケンカになったりするわけです。
例えば、ボクが
「AAAAだよ」
というメールを送ったとすると、しばらくして相手から
「なんでBBBBなんて言うんだ!」
「君がCCCCと言っただろ!」
という返事が返ってきて怒ってたりします。
そもそもボクはAAAAと言ったのであってBBBBなんて言ってないにもかかわらず相手が勘違いして怒っているわけです。
ボク自身にもBBBBなんて言う気持ちは全くないわけですから、そもそもケンカになる原因すらないわけです。
最初から会って話せば、タイムラグもなく、その場で、
「そんなことは言ってないよ」
と言って終わるんですが、メールの場合はすぐ見れないこともあってタイムラグが発生します。
つまり、本当は二人の意見は一致してるのに、メールの誤解のおかげで対立してしまうという無意味なことが起こります。
まさに事実誤認の恐ろしいところです。
メールとかネットなんてしょせんはツールに過ぎません。
人間、できるだけ会って目を見て話しましょうね。
少なくとも事実誤認で悪人に仕立て上げられたり、身に覚えのないことで怒られたりケンカしたりすることは、かなり防げます。