読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneの外付けバッテリーまとめ

iPhone

多様なモバイルバッテリー


iPhoneに限らずスマートフォンは性能が高い上に活用シーンが多いので、内蔵のバッテリーはどうしても早く減りがちです。
なので、外付けのバッテリーを一つ持っておくのはスマートフォンユーザーの基本的たしなみ。
というわけで、ボクが個人的にオススメできるバッテリーをいくつか書いていきます。
ケース一体型のバッテリーは別の記事で書いていますので、ここでは外部型のバッテリーのみです。
商品詳細を読むには、各商品の写真をクリックしてください。Amazonのページが開きます。


まずはこれ。

大人気のエネループです。ボクも使っています。大活躍です。USB端子が2つあるので、2台の機器を同時に充電できます。1台だけを充電する場合、1A(1アンペア)という比較的大きな電流で充電できるので、よくある500mA(1Aの半分)のタイプよりも速く充電できます。
デザインも真っ白でオシャレな部類なので持ち歩きにも違和感ありません。
スマートフォンとつなぐのに別途ケーブルが必要ですが、ボクは30cm程度の短いタイプを使っています。長いと絡んで邪魔になるからです。


次はこれです。

3つの違いは端子の数です。端子が1つのタイプ、2つのタイプ、4つのタイプです。4つも端子があっても使う事はなさそうですが安いので選んでも良さそうですね。上のエネループを超える2Aなのでさらに速く充電できますが、複数の端子があるタイプでも2Aに対応する端子は一つだけです。


次はこちら。

上記エネループとほとんど同じ重さですが、iPhoneを4回も満充電にできる大容量です。デザインもメタリックでカッコいいです。
大容量というのは災害時には大きなメリットとなります。


次はこれです。

オシャレですね。容量としてはiPhone4を1回満充電にできる程度ですが、普段使うにはこれで充分でしょう。


次はこれです。

完全にiPhoneに適したデザインです。バッテリーの残量がちゃんとグリーンで光るのでわかりやすいです。容量は1000mAhです。
iPhone4本体のバッテリー容量がおよそ1400mAhなので、満充電にはできませんが、これも日常使うには問題ないと思います。


最後はこれ。9600mAhとかなりの大容量です。計算上ではiPhone4を6回ほど満充電にできます。
大きさもiPhoneを若干大きくした程度。縦の長さはiPhoneとほぼ同じですし、厚みも1.5cmしかありません。


さて、いかがでしたか?
ボクのオススメはボク自身が使っている一番上のエネループですが、価格もそれなりにします。iPhone4を2回以上満充電にする容量もありますが、実際、そんなに使った事はありません。さすがにそこまで使う前に自宅でiPhoneを充電します。
というわけで、実は2番目のバッファロー製品をオススメしたりします。
何と言っても価格が安いのと2Aという充電の早さ。バッテリーの容量はどこにも記載がないので不明ですが、おそらく大きさから見ても1000mAh程度かと思います(はずれてたらごめんなさい)。
普段からスマートフォンのバッテリー切れに冷や冷やしている人が、とりあえず一つ持っておくにはぴったりだと思います。
大手メーカーなのも安心です。
以上、参考にしてみてください。


関連記事
iPhoneのバッテリーを長持ちさせる2160個の方法
iPhone用のいちばんイケてるバッテリーケース