読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

自宅のインターネット回線を解約してWiMAX

パソコン スマートフォン iPhone

WiMAX申し込み


この前、これを書きました。


WiMAXを申し込みました。すると。


もうちょっと詳しく書きますね。
ボクは物欲の反対というか、モノをできるだけ減らすことが好きなんですよ。
管理が楽だしコストも減らせるし場所も取らないし環境にもいいし。
例えばこれ。


人々がこれだけスマートフォンに依存しているということを並べてみる


いろんな家電を買わなくてもスマートフォン1台で済んでしまう。
コスト面でも置き場所でもメンテナンスでも助かりますね。
そんなボクが次に目を付けたのが自宅の電話・ネット回線。
今のところ、多くの家庭では有線で回線が引き込まれていると思います。
電話回線・ADSL・光回線など。
これらの面倒なところは、引っ越しのたびに引き直す必要があること、そして機器とケーブルでつなぐ必要があることです。
一方で外出時には携帯電話・スマートフォンを持ち歩きます。
もし外でパソコンを使ってインターネットにつなぎたい場合、日本では多くのスマートフォンはテザリング(ネット回線を他の機器に開放すること)が禁止されています。
例えばiPhoneにはテザリング機能があるので、本当ならiPhoneとパソコンを無線LANでつないで、パソコンでもネットができるんです。
でも日本のSoftBankやauのiPhoneではテザリングは禁止。
なので仕方なく、別途e-mobileやWiMAXなどのデータ回線を契約してモバイル無線LANルーターを持ち運ぶことになります。

  • 自宅のネット回線
  • 携帯電話・スマートフォン回線
  • モバイルWi-Fi回線


なんと3つも契約をし、しかも3つの機器をバラバラに持つ必要があります。
これを減らしたいというのが今回のいきさつでした。
まず、そもそも自宅の固定電話はボクは年に1回も使っていないので不要です。
パソコンやスマートフォンでSkypeなどを使えば無料で通話できるんですから、わざわざ有料の固定電話回線を持つ意味もありません。
光回線については、モバイルWi-Fi回線が高速化した今となっては不要だと考えられます。
もちろん比較すれば光回線の方が速いですが、それは相対的な話であって、絶対的速度はどちらも速いのでネットをするには問題ありません。
となると、自宅の電話回線や光回線は解約して、その代わりにモバイルWi-Fiを使うと言うことになります。
現時点ではモバイルデータ通信契約はSoftBankもWiMAXもe-mobileも月4,000円弱でほぼ横並びです。
DoCoMoのXiもありますが、5,000円以上するので割高ですし、現時点ではエリアも狭く、また一定量以上の通信を行うと規制がかかる予定です。
規制がかかるという意味ではSoftBankも同じなので除外です。
となるとe-mobileとWiMAXの一騎打ち。
正直どちらでも良かったんですが、ネットなどでの速度の評判を見てなんとなくWiMAXにしました。
が、そのあとにe-mobileのLTEタイプが登場したりして、今となってはそっちにすれば良かったかな〜なんて思ったりもしています。
WiMAXを1年契約にしたので1年はがんばって使って様子見です。
これによって

  • 自宅と外出先のネットはWiMAX
  • 携帯電話・スマートフォンはSoftBank


この2契約に減らすことができました。
月数千円のコストダウンですね。
残念ながらボクの自宅ではWiMAXの速度は遅いです。1Mbps前後ですかね。
光回線より体感的に遅さを感じます。
まあこれもWiMAXのアンテナが増えて向上していくことを期待しましょう。
何と言っても部屋に光回線のケーブルや機器を置かなくてよくなったのはいいですね。スッキリ。
もし引っ越しても手続き不要ですしね。
ホントならSoftBankやauがテザリングを認めてくれて、しかも速度規制もなくなればこんなことする必要は無くて、iPhoneを1台持てば家のパソコンでも外出先でも自由にネットできていいんですけどね。
このWM3600Rっていうルーター、いいですよ。バッテリー長持ちですし、家ではクレードルに置くだけです。
”WiMAXルーターとクレイドル" ”WiMAX


WiMAXに興味がある人は以下のサイトを見に行ってみてください。キャンペーンのおかげで、ルーターもほとんどタダで手に入りますし。
あ、見に行くだけならおカネはかかりませんよ、もちろん。