読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

5ヶ月半で9.5kg減量したボクのダイエット方法おさらい

つぶやき

ここ2年間での最軽量を更新

今日は6月13日。
現時点でのボクの体重は72.1kg。
体重グラフ


1月4日に81.6kgあったので、5ヶ月半ほどで9.5kg減ったことになります。
人と会うと、痩せた痩せたと言われます。
具体的なダイエット法は、これまでにも書いたので、それらを読んでください。

3ヵ月で体重を6kg落としたボクがやったのは「食べないこと」だけど、どうすれば食べずにいられるかを5つ書きます


100日で7.7kg体重を落としたボクのダイエットの強力な武器


ビーカーを使う豆乳野菜黒酢ハチミツジュース

いまも基本的にはやり方は変えていません。
食べたら太り、食べなければ痩せる、それだけです。
上記の記事で野菜ジュースを紹介しましたが、現在、毎日飲んでいるドリンクをあらためて紹介します。
まずは写真を見てください。
豆乳野菜ジュース


野菜ジュース、無調整豆乳、黒酢、ハチミツをビーカーでミックスジュースにして飲んでいます。
野菜ジュースはスーパーなどで買って帰ると重いですし、すぐに無くなるので、以前の記事で書いたモノを引き続きネット通販でまとめ買いしています。




無調整豆乳も同じ理由で、ネット通販でまとめ買いしています。
調整豆乳は砂糖などが入っているので避け、無調整豆乳を選んでいます。




無調整豆乳と野菜ジュース


黒酢とハチミツは1本買えば当面使えるので、近所で買っています。
そして重要なのはビーカー。
ボクは自宅のマイグラスはビーカーです。
耐熱で熱湯でも割れず、電子レンジでも使えるというメリットがあり、何よりも分量を計れるのが良いです。

なんてったってビーカー(メジャーカップのオススメ)




まず、ビーカーに無調整豆乳を100ml入れます。
次に、野菜ジュースを100ml入れます。
こうやって分量を正確に計れるのがビーカーのメリットです。
そして、黒酢を大さじ1杯、ハチミツを大さじ半分入れて、しっかり混ぜます。
ビーカー


味は好みの問題なので何とも言えませんが、ボクはけっこう好きな味ですね。
飲み終わったらすぐにビーカーを水洗いしましょう。
ほうっておくと、こびりついて落ちにくくなります。
すぐに水洗いすれば簡単に落ちるので洗剤も不要だと思います。


食事と置き換えられる

ビーカー1杯で200ml。
これがかなり濃厚で満腹感を演出してくれます。
もちろん普通の食事の栄養分に完全に匹敵するわけではありませんが、ある程度のビタミン、ミネラル、繊維、タンパク質、糖質などを補充できます。
これを1日3食のうちの1食と置き換えるわけです。
ボクは夕食を食べる代わりにこれを飲むことが多いです。
1杯で物足りなければ2杯飲みましょう。
ちなみにビーカー1杯分(つまり200ml分)で、
野菜ジュース:25kcal
無調整豆乳:52kcal
黒酢:20kcal
ハチミツ:10kcal
と、せいぜい100kcalちょっとしかありません。
2杯飲んでもカロリーは全然問題ない上に、満腹感は十分だと思います。
ちなみに成人の1日の摂取カロリー目安は、体重に25から30を掛けた数値だと言われています。
体重70kgなら、摂取カロリー目安は1750から2100kcalですね。
なので、このジュースで1食分の食事を置き換えれば、ほぼ間違いなく痩せるということです。
残りの2食はダイエット食ではなく、普通の食事でしっかりと栄養を摂りましょう。


今から始める

ダイエットは強制ではなく自由意志です。
やるのもやらないのも個人の勝手です。
しかし、やろうと思っているのにできない人がたくさんいるのも事実。
それは、やろうと思うのにやる努力をしないからです。
ダイエットに限らず、物事を成し遂げるのは能力よりも努力です。
明日からやろうと思う性格の人はたいてい何でも失敗します。
成功したい人は今から始めてください。
そして最低3週間は続ける、つまり習慣化してください。
勉強でも何でも一夜漬けで良い点数をとっても身に付かないですし人の役にも立ちません。
その一夜漬けは無意味で、人生においても無駄な時間です。
習慣化してホントの意味で身に付けて、自分や人のために役立てましょう。
過去の記事もご参考に。



関連記事
資格を取るために必要な数ある心得の中で一番効果的なモノ
寝た子は起こさない理論……儲かるしくみ / 石原明著
批判を自分の成長の糧にできる人とできない人
人間の能力差は努力差
やらない後悔より、やる後悔
知識の重要性と非重要性
受験生の皆さん、まだまだ間に合いますよ