読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

オリンピック開催でボクがする事

つぶやき ビジネス ファイナンス

オリンピックの周辺に目を向ける

オリンピック開催という数十年に一度のプラスの特殊要因が発生したので、景気が浮揚しますよね。
景気が浮揚すれば株価も上がります。
ボクがやるのは、預金から投資へのシフトです。
もちろん100%必ず株価が上がるという保証は無いのでリスクを取ります。
多くの人はリスクを取らないので、ある程度の月日が流れてから株価が上がったことを見て景気が良くなったのを確かめてから株を買います。
しかし、株価が上がってから買っても遅いですよね。
どんなビジネス(投資もビジネスです)でも、安く買って高く得るのが基本。
株価が上がってから買っても手遅れですね。
これは人間の行動力の問題ですが、先頭の一握りに入るか、その他大勢に入るかの違いです。
先頭の一握りに入ってリスクを取った人がリターンを得られます。
どうせどこかのタイミングで株を買おうと思っているなら、そんな人は先頭切って買わないと意味が無くなってしまいますよね。
そして、こうやって書くと、何人かの人は納得して株を買い始めるでしょう。
以前から書いてるように、モノの価格は需要と供給で決まります。
株を買い始める人が増えてくれば需要が増えるということなので、そのこと自体が株価を上げる要因になります。
つまり、株価が上がればいいのになと思って買う人が増えれば増えるほど実際に株価は上がります。
経済額は心理学。
来年から消費税が上がる、つまりおカネの価値が下がる事を知ると人々は今のうちにモノを買っておこうとします。
つまり需要が増え、物価は上がります。
消費者の行動で価格は決まるんですね。
さて、東京オリンピック。
あなたは今この瞬間をどう動きますか?動きませんか?


※株価が上がるか下がるかなんて一切保証できないので、この記事を読んで株を買おうと思った人は自己責任でよろしくです。
ボクも自己責任で買います。