読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

毎月1,400円の負担で、毎年、iPhoneの新機種に買い換える方法

iPhone

今回はiPhone5を売却

皆さん、こんにちは。
冬が近づいて来ました。
冬眠準備できてますかー!


さて、先日、iPhone5をヤフオク!(オークション)に出したら、いくらで売れるか、という記事を書きました。

iPhone5をヤフオクに出品したら、いくらで売れるのか、レポートします。


今回は、結果発表です!
まずは、落札後の画面を貼ります。
クリックで拡大します。

iPhone5ヤフオク落札


画面右上にあるように、落札金額は31,510円。
オークションへのアクセス総数は1292件、入札件数は22件でした。
1年前の中古携帯電話が3万円を超える価格で売れたわけです。
ちなみにボクは、


iPhone3GS(SoftBank)

iPhone4(SoftBank)

iPhone4S(SoftBank)

iPhone5(au)



毎年、新型iPhoneに買い換えていて、毎回、ヤフオク!で売却していますが、すべて3万円以上で売れています。
皆さんごぞんじのとおり、2年契約をすることで、iPhoneは本体価格が割り引かれます。
今回、ボクの契約では、ボクが売却したiPhone5は82,320円するんですが、2年間、毎月約3,500円ずつが通信料金から割り引かれるので、2年間使い続けると、実質無料になります。
ただし、ボクのように1年で次の機種(iPhone5s)に買い替えてしまうと、次の機種の割引が始まる代わりに、iPhone5の残代金を自腹で払う必要が出てきます。
そのiPhone5の残代金は48,020円でした。これをボクは自腹で払い、オークションで売却して31,510円を手に入れたわけです。

実際の負担額

つまり、ボクのiPhone5に対する実際の負担額は、
48,020円 - 31,510円 = 16,510円
ボクはiPhone5を1年間使う権利を16,510円で買ったことになります。
これを12で割ると、
16,510円 ÷ 12 = 約1,376円
さっきも書きましたが、iPhoneの前機種は毎年3万円以上で売れていますし、iPhoneの新機種はだいたい8万円前後です。
結論として、毎月約1,400円の負担で、毎年、iPhoneの新機種を手に入れられることになります。
一般の中古業者には、ここまで高く売ることはおそらくできません。
ヤフオク!というユーザー数の多いシステムを使うことによって、この方法が可能になるわけです。