非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

Twitterのフォロワーの偽者の割合を検知するツール

フォロワー

 

 

フォロワー数の多いTwitterアカウントは高値で売れます。

理由はカンタンで、フォロワーが多いほど、広告媒体として価値があるからです。

1万人のフォロワーがいれば、つぶやくたびに1万人のタイムラインに一瞬でコストゼロで流れるんですから、広告を流すにはうってつけ。

ボクは自分のブログを更新するたびに、そのことをツイートしているので、当然、ボクのフォロワーに効率よく知らせることができます。

ボクの現時点でのTwitterフォロワー数は約18,000人。

つまり、一瞬で18,000人に告知できるのです。

紙のチラシを18,000軒に配るコストを考えれば、やはりネットは画期的なんですよね。

 

 

フォロワーの質

 

 

しかし、Twitterのアカウントには様々は質があります。

例えば、積極的に活動しているアカウントもあれば、単なる名義だけで、まったくツイートしないアカウントもあります。

冒頭で書いたように、フォロワーが多いアカウントの価値は上がるので、逆に誰かがアカウントをどんどん作って特定の人をフォローすれば、その特定の人のアカウントの価値を人為的に上げることができるわけです。

それを請け負う業者もいるようですね。

なにせ、アカウントを作るのは無料ですから。

 

自分を人気者に見せる必要がある人は、そんなやり方で大量のフォロワー数を確保します。

1万人のフォロワーがいるように見えても、その大半がフォロー目的のアカウントなら、実際の人気はそこまでは無いと言うことです。

よって、フォロワー数の大小で人気度合いを測るのは、あまり精度が高いとは言えません。

そもそも論ですが、そんな薄いアカウント1万件にフォローされたところで、ツイートしてもほとんどのアカウントは誰も読んでいないわけで、結局、意味が無いんですよね。

ボクの現時点でのフォロワーは18,000ですが、それらすべてがそんなフェイク(偽)アカウントなら、ボクがいくらブログ更新をツイートしても誰も読んでくれず、意味が無いわけです。

架空のフォロワー数をいくら増やしても、ブロガーとしては意味が無いと言うことです。

まあせいぜい、アカウントが高値で売れる、そんなところです。

 

しかし、今は、フォロワーの質を測定するツールが存在します。

そんなツールを使えば、数多くのフォロワーを抱えていても、フェイクであることがカンタンにバレてしまいます。

そうすると、フォロワー数が多いアカウントでも高くは売れません。

つまり、ブロガーとしても売り手としても何の意味も無い存在になります。

 

架空の1万人のフォロワーよりも、活発な100人のフォロワーの方が重要なわけです。

 

で、せっかくなので、ボクの18,000人のフォロワーも調べてみました。

使ったのは、twitterauditと言うサイト。

 

www.twitteraudit.com

 

 

ここの欄に、Twitterの@ユーザーネームを入力するだけ。

 

ちなみにボクの結果は、こちら。

twitteraudit

 

 

18,088人はホンモノで、54人がフェイク。

 ボクのTwitterのフォロワーさんにはニセ者はほとんどいないようです。

 

https://www.twitteraudit.com/B_CHAN_KZY

 

 

もちろん、このツール自体の精度が完璧だとは言い切れないでしょうから、お遊び程度に見ておくべきでしょうが。