非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

Amazon Kindle書籍の未読・既読管理法

Kindleの既読

 

 

ボクはほとんどの本は電子書籍、しかもAmazonのKindleで読んでいます。

端末はiPhoneとiPadがメインですね。

自宅にいるときはMacでも読みます。

 

今までに購入したKindleの書籍は1,000冊程度あります。

これだけの数になると、どの本を読んだのかがわかりにくくなります。

と言うか、とても覚えてられません。

 

Kindleは、読んだところまでのページ数を記録してくれます。

なので、次に開いたときにページ数が本の途中になっていれば、読みかけだとわかるんですが、一度、読み終わった本でも、パラパラとめくって途中で閉じることもあるので、結局、これだと、既読の管理にはならないんですよね。

 

 

Kindleのコレクション機能を使う

 

 

そこでボクの場合は、Kindleのコレクションと言う機能を使います。

コレクション機能は、本来は、同じカテゴリーの本をまとめる機能です。

例えば、ビジネス書、と言うコレクションを作っておいて、ビジネス書をどんどんそこに放り込むことができます。

放り込むと書きましたが、コレクション機能はどちらかと言えば、ラベル機能と呼んだ方が良いですね。

ビジネス書と言うラベルを貼り付ける感じです。

複数のコレクションを作ることもできます。

そして1冊の本に複数のコレクションを付けることもできます。

1冊の本に複数のラベルを貼れるってことです。

例えば、

 

  • ビジネス書
  • マンガ
  • 小説

 

と言うコレクションを作っておけば、マンガのビジネス書の場合は、ビジネス書と言うコレクションとマンガと言うコレクションの両方に登録しておけば良いわけです。

 

このコレクションのひとつとして、ボクは、

 

  • 既読

 

と言うのを作っています。

そして本を読み終えたら、すぐに、既読コレクションに放り込みます。

 

これはiPad版の画面です。

該当の本の表紙を長押しします。

書籍一覧

 

 

すると、このように、メニューが出てきます。「コレクションに追加」を選びます。

メニュー

 

 

そして、「既読」をタップ。もちろんあらかじめ、既読コレクションを作っておく必要があります。

コレクション

 

 

ボクの場合は、これで既読管理をしています。

 

逆に、

 

  • 未読

 

と言うコレクションを作っておいて、購入と同時に未読コレクションに入れると言う方法もありますね。読み終わったら、未読を外す、と。

ただ、その場合、購入と同時に未読コレクションに入れ忘れると、読んでいないのに未読に入っていないことになってしまいます。

読みこぼす可能性がありますよね。

なので、ボクは、読み終わった方に既読コレクションと言う方法を採っているわけです。

 

今回はKindleの既読管理の方法を書きましたが、そもそもKindleって冊数が増えてくると、とにかく扱いにくいですね。

と言っても、他社の電子書籍アプリも似たようなモノですが。