読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

安くてラクで便利な宅配「はこBOON」を使っていますか?

つぶやき 家電 ビジネス iPhone Android

安くて実績十分な宅配サービス 

 

みなさん、こんにちは!

B-CHANです。

 

年始からさっそく宅配便を活用しています。

 


NHKの受信料を払わないための合法かつ超絶に簡単な方法を実行した - 非天マザー by B-CHAN

 

 

今回は40インチのテレビを送ったので、一般的な宅配便では無く、家財専用便を使いました。

最初は自分で梱包して普通の宅配便を呼ぼうとしたんですが、家財の場合は配送時の破損のリスクがあるので、宅配業者の専用の梱包じゃないと受け付けないと言われました。

なので、結局、自分で行った梱包を解いて、持って行ってもらいました。

まあ、業者の梱包込みで、東京から関西まで5千円弱だったので、良しとしましょう。意外と安いと思いました。

 

ところでさっきも書いたように、ボクは自分で梱包できます。

これまでにヤフオクで出品した実績が200回以上あり、そのたびに工夫して梱包していくうちに梱包スキルが上達しました。

その話もいずれ書こうと思います。

今回は、安い宅配の話。

 

みなさん、宅配業者って、どんな業者を思い浮かべますか?

クロネコヤマト、佐川急便、日通、郵便(ゆうパック)、福山通運、赤帽などでしょうか。

 

実は、ボクがこれまでにヤフオクの出品を送るのに一番たくさん利用しているのは、

 


はこBOON

 

 

というサービスです。

多くの宅配業者は、荷物の大きさと重さの両方で料金が決まるんですが、この、はこBOONは重さだけで決まります。

大きさは160サイズ、つまり、縦横高さの合計が160cm以内の荷物です。

重さは最大で25kg。

このサイズに収まる荷物なら、おそらく、他社よりも安いです。

 

例えば、ここに、東京から大阪への料金が記載されています。

 

東京 - 料金表|はこBOON

 

これを他社と比べてみてください。

 

クロネコヤマト宅急便運賃一覧表:関東から

 

ゆうパック 基本運賃表 東京都の運賃 - 日本郵便

 

クロネコヤマトやゆうパックは、荷物を店に自分で持ち込めば100円割引を受けられますが、それでも概ね、はこBOONの方が安いと思います。

 

はこBOONの特徴を書きます。

 

  • 料金が安いこと…上に書いたとおりです。
  • 荷物をファミリーマートに持ち込む…近所にファミリーマートが無いと不便です。引き取りに来るサービスはありません。
  • 手書き伝票無し…上記のウェブサイトであらかじめ配送先などのデータを入力しておきます。あとはファミリマートへ行ってファミポートという店頭の端末でラベルをプリントアウトするだけ。
  • Yahoo!と連動…Yahoo!の会員ならYahoo!かんたん決済が使えます。つまり現金のやり取り無しでクレジットカードでの支払い可能。
  • 24時間いつでも発送手続き可能…ボクも夜にヤフオクの落札が終わって、その日のうちにさっさと代金の受け取りも発送も終わることが多いです。
  • Tポイントがたまる…Yahoo!ポイントつまりTポイントがたまります。
  • Tポイントが使える…送料をTポイントで支払うことも可能です。
  • 問い合わせ番号あり…荷物の追跡が可能です。

 

まあ、とにかく安くてラクです。

あの面倒な手書き伝票をいちいち書かなくて良いのが気に入っています。

 

専用アプリもある

 

あと、iPhoneやAndroidのアプリもあります。

 

iPhone版

はこBOON

はこBOON

  • ITOCHU Corporation
  • ライフスタイル
  • 無料

 

Android版

はこBOON
はこBOON
価格:0円
平均評価:3.5(148)
 
 

ボクも、このアプリをフル活用で、これ無しでは困ります。

自宅のパソコンで情報を入力したら番号が発行されるんですが、それをいちいち覚えなくてもアプリに現れます。

あとはiPhoneを持ってファミマに行ってアプリを見ながらファミポートで番号を入力。

で、ラベルがプリントされたら、それと荷物を店員さんに渡せばOK。

荷物の数が多い場合も、未発送や発送済みなどの管理はアプリで行えるので、とてもラクです。

 

もしあなたがYahoo!のアカウントを持っていて、近所にファミマがあるなら、宅急便やゆうパックとともに、はこBOONも選択肢に入れてみることをオススメします。

 

と言っても、はこBOONも実際に配送する業者はヤマト運輸だそうですけどね。

手続きと仕組みを簡略化することでコストを削減しているようです。