読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

Googleマップに長く待ち望んでいた機能がついに搭載された

地図 iPhone 不動産

グーグルマップをフル活用 

 

みなさん、こんにちは!

B-CHANです。

 

仕事でもプライベートでも、恐ろしいくらい活用しているスマートフォンアプリがあります。

そう、グーグルマップです。

 

Google Maps

Google Maps

  • Google, Inc.
  • ナビゲーション
  • 無料

 

ボクのように不動産業に携わっている人間にとって、これがあると無いとでは仕事の効率が劇的に変わります。

 

検索欄に住所を入力して、表示された地点を保存しておけば、後からいつでも使えます。

自分の担当不動産物件をどんどん保存しておけば、そこへいくルートを簡単に呼び出せるわけです。

 

住所のみ

 

しかし今までは、保存しかできなかったんです。

例えば、

 

千代田区丸の内2-2-2

 

にある物件を探し出して保存ボタンを押せば確かに保存できるんですが、次にそれを呼び出すときに、また、

 

千代田区丸の内2-2-2

 

と入力する必要がありました。

住所入力 地図表示

保存前 保存後

 

 

そうです。地点名を登録できなかったんです。

 

地点名を登録

 

でも、このたびのグーグルマップのアップデートで、ついに地点名を登録できるようになりました。

地点を表示したら、画面右上の3点ボタンを押すと、「名前の変更」という項目が現れるようになったんです。

名前を変更

 

 

これで、マンション名などを登録できるようになりました。

名前を入力 入力完了

検索 地図に名前表示

 

 

ボクのグーグルマップの画面をお見せしましょう。

広域地図

ご覧のとおり、★マークがたくさん。これらが保存された場所です。

今まではこれらによって場所はわかるんですが、それが何という物件名だったとか店名だったかはわからなかったんですよ。

もちろん有名な施設やマンション名はあらかじめ登録されているのでわかるモノもあるんですが、これからは自分で登録することができます。

それによって、どの★が何という名前か、ちゃんとわかるようになります。

 

なんとなく地味なアップデートに見えるかもしれませんが、ボクはずーーーーっと前から、不便に思っていたんですよ。

保存した地点に名前を付けられればどんなに便利かと思ってきました。

それが実現した今日8月7日はボクにとって革命記念日なのです!