読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

月収5万円アップのためのブログ入門…その6.人生のリスクヘッジのためのブログ

SEO,ブログ,ネット収入

ブログの収入、他の収入 

 

みなさん、こんにちは!

B-CHANです。

 

ブログでまずは月収5万円アップを目指そうというシリーズ。

今回は6回目です。

 

前回までを読むには、カテゴリ「SEO,ブログ,ネット収入」をクリックして探してください。

 

ブログで収入を得ることは他の仕事で収入を得ることと何が違うのでしょうか。

 

ボクが過去に書いた「レバレッジ」という言葉を思い出してください。

 

www.b-chan.jp

 

レバレッジの掛からない仕事の場合を考えてみます。

工場勤務とかコンビニの店員さんなどです。

例えば部品を1個作ったら1円もらえる仕事をするとしましょう。

10個作ったら10円、100個作ったら100円です。

労働量が収入に比例しますね。

基本的には労働量は労働時間に比例します。

だんだん上達するので効率は良くなっていきますが、10個作るよりも100個作る方が時間が短いということは絶対にありえません。

たくさん稼ぐには労働時間を長くする必要があります。

店員さんも同じ。

時給なので、2倍の収入を得るには2倍の労働時間が必要です。

 

これらのようなレバレッジの効かない仕事というのは収入に限度があります。

収入を1万倍にしたければ1万倍働く必要がありますが、そんなの無理ですよね。

 

一方、レバレッジの掛かる仕事なら、それが可能です。

例えばブログで同じ手間を掛けても、アクセス数が1万倍になれば、収入もおおむね1万倍になります(もちろん仕組みによって変動しますが)。

つまり、労働量や労働時間とは無関係に収入が決まるのがレバレッジであり、ブログもまたレバレッジ型の仕事のひとつと言えるわけです。

 

健康

 

それともうひとつ大きなメリットがあります。

 

労働量や労働時間に左右される仕事というのは身体が資本です。

つまり病気や怪我で仕事ができなくなったとたん、収入は無くなります。

起業する人が最も警戒すべきはそこです。

昨日まで元気だった人が今日いきなり倒れることがあります。その可能性は誰にでもあるんです。

健康かどうかは無関係です。

自分は今まで病気などしたことが無いという人でも突然倒れている人なんていくらでもいます。

人間である以上、それは避けられないですし、そうなったときにいきなり無収入になるので、起業する人はそのリスクも織り込んでおく必要があります。

自分がいなくなっても仕事が回るシステム作りですね。

 

実はブログはそのシステムに近いです。

基本的には頭脳と文字入力できる体制があればOK。

そしてある程度、軌道に乗ると、毎日それなりのアクセス数を稼げます。

つまり身体を壊して倒れてもいきなり無収入になる可能性は少ないのです。

自分の肉体の代わりに仕事をしてくれるのがブログです。

 

前にも書きましたが、そういう意味ではブログは自分年金です。

 

誰にでもリスクはあるので、リスクヘッジは必要ですが、リスクをヘッジするために別のリスクが発生するようでは意味がありません。

ブログで収入を得ることをボクはそんな思いでオススメしているのです。

大儲けの道具では無く、自分年金かつリスクヘッジのツール。

つまり不幸になる人を減らしたいんですね。

 

ブログをやったから何か損するということはほとんど無いです。

ぜひ多くの人がチャレンジしてくれることを願って今回は終わりにします。

 

次回からは具体的な話をしましょうかね。