読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

頭上ギリギリをかすめる大迫力の飛行機を見られる日本の空港。手を伸ばせば届きそうな近さ。

つぶやき

頭上のジャンボジェット機のパイロットの顔が見える!?

日本にはたくさんの空港がありますが、多くは展望デッキなどで飛行機を見ることになります。
それはそれで楽しいもので、ボクも成田空港や羽田空港、大阪空港や関西空港など大型の空港にもよく足を運びます。
そんな中、実は大阪空港では桁違いに大迫力で飛行機を見ることができる場所があります。
関西空港や成田や羽田では決して味わえません。
ボクも関西在住時代には実にいろんな人を連れて行きました。
具体的には大阪空港の敷地内ではありません。滑走路のすぐ南側です。
住所は大阪府豊中市原田中あたりですが、原田大橋から川沿いをてくてくと数分歩いて現地に行くことになります。
観光地として整備されているわけではなく、単なる普通の場所なんですが、休日にはいつもたくさんの人が見物に来てるのでわかりやすいと思います。
まさに滑走路の目の前で、南から着陸態勢に入る飛行機が、頭上スレスレをかすめて通り、着陸します。
パイロットの顔が見えるんじゃないかとか、飛行機に手が届くんじゃないかと勘違いするほどです。
あまりの大迫力と爆音で、子供は泣き出すか大喜びかどちらかです。
関西方面へ旅行する機会があれば、観光ガイドに載らない穴場としてぜひ行ってみてください。
遊園地のアトラクションとか、空港の中から飛行機を見るのとは比べものにならないくらい大迫力の体験ができます。
2006年以降は騒音の関係でジャンボジェット機が大阪空港に就航できなくなったのが残念ですが、普通の飛行機でも充分おもしろいです。
ジャンボジェットが来たときには本当に当たるんじゃないかという気がして身をかがめていました。
また夕暮れ時になると滑走路の照明が点灯し始め、とてもきれいな滑走路の夜景を見ることができます。
下に地図を貼っておきますね。1枚目の地図の右を走っている鉄道は阪急宝塚線です。


こんな感じで飛行機が着陸してきます。(顔はモザイクで失礼!)

ジャンボ機が接近

頭上を通過中




地図

周辺地図

拡大地図