読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

MacBook Airのエアージャケットセット(パワーサポート社)のレビュー

パソコン

MacBookの外観を損ねないエアージャケット


先日はMacBook Airの話を書いて、飛躍的にブログのアクセス数も増えました。


MacBook Airで使える外付けDVDドライブの話 その1
MacBook Airで使える外付けDVDドライブの話 その2
MacBook Airで使える外付けDVDドライブの話 その3
新しいMacBook Airの13インチと11インチとで迷っている人へ その1
新しいMacBook Airの13インチと11インチとで迷っている人へ その2


やっぱり気になっている人は多いんですね。
今回は、そのMacBook Airに付ける保護ケースの話です。
Macの場合はデザインコンシャスなユーザーも多いので、ケースを付けること自体が邪道だ!という人も多いんですよね。
たしかに何も付けないのが最も美しく使うことができます。
が、ボクのように、単に実用本位で選んでいるユーザーもいるわけで、将来のリセールバリュー(売却時の価格)を少しでも維持するためには保護ケースは必須です。
MacBook Airの特徴は小さくて軽くてしかもハードディスクを内蔵していないことによるクラッシュフリー(クラッシュの心配が無い)ですから、おのずとバッグにポーンと気軽に放り込んで出かけることになるんですよね。
なので長く使っているうちにアルミボディは小傷だらけになるでしょう。せめて外側だけでも保護しようと言うことです。
ちなみに、液晶画面にフィルムを貼ったり、キーボードカバーを付けたり、パームレストカバーを付けたりする選択肢ももちろんありますが、内側は傷が付く心配はほぼ皆無(バッグに放り込んだときは当然閉じているため)ですし、液晶フィルムが画面の視認性が下がりますし、キーボードカバーは入力の快適さが損なわれます。
つまり実用面でマイナスになるんですね。なのでボクはそういったものは要件から外れるので、使っていません。
さて、MacBook Air用にはいろんな保護ケースが発売されていますが、いつもどおりモノを買うときには、要件を列挙してみます。
今回は、

  • 薄いこと
  • 軽いこと

この2点でした。当然と言えば当然ですね。
でいろいろ探し回った結果、いくつかの商品が見つかりましたが、なかなか具体的なレビューが見当たりません。そこでボクが実際に使ってみてレビューします。
人気を二分しているのは、

  • パワーサポート社のエアージャケット
  • スペックコンピュータ社のSee Thru

です。これらの会社はiPhoneなどのスマートフォンの保護ケースでもおなじみです。
両方買うわけにはいかないので、ここは以前iPhone用のエアージャケットを買ったことがあるという経験で、エアージャケットを選んでみました。


エアージャケット11インチモデル用



エアージャケット13インチモデル用




スペックコンピュータ社の保護ケースはこちら。こちらはいろんな色が選べますね。


11インチモデル用(Amazonストア)

13インチモデル用(Amazonストア)



商品構成は、保護ケースが2枚セット(液晶画面側用とキーボード側用)と滑り止め用の足4つです。
取り付けはとても簡単で工具も不要。単にはめ込むだけです。3分で終わります。
取り付けた結果、感想は一言。
「まったく問題無し」
薄さの面でも軽さの面でも、体感的にはほとんど影響ありません。ケースを付けたから重くて分厚くなって持ち出すのが嫌になれば本末転倒ですが、そう思わせる要素は皆無です。
エアージャケットには「クリア」「クリアブラック」という2種類のカラーがありますが、ボクが選んだのは「クリア」と呼ばれるタイプで、これはMacBook Airの本体の色を全く損なうことがありません。ケースを付けても遠目には付けてないかのように見えます。
ただし、ケースの本体はポリカーボネートという丈夫なプラスチックで、光沢があります。なので、間近で見るとMacBook Air本体のつや消しとは異なるので、ケースを付けていることがわかります。
が、たぶん、大して気にならないでしょう。ボクはまったく気になりません。
使用感も快適そのもの。薄さも重さもたいした影響が無いので、MacBook Airの快適さはそのままです。USB端子などのコネクタを塞ぐこともないので実用面での支障も皆無です。
手に持った感覚は、もともとMacBook Airがアルミ素材と言うことですべすべと滑りやすいんですが、エアージャケットを付けることで、ツルツルの素材になります。ツルツルと書くと滑りやすそうな印象を受けますが、実際にはサラサラ感が無くなったため、指に吸い付いてしっかりと握れる印象です。
ケースを付けない状態よりも手から滑り落ちる可能性は減るでしょう。
MacBook Airの底面にはもともと滑り止めのゴム足が四隅に付いていますが、エアージャケットをセットすると隠れてしまうので底面がツルツルになります。
そこで、滑り止め用のゴム足が用意されているます。これ自体の滑り止め効果は抜群ですが、面積が小さい上に単なる両面テープですので、数回外出に持ち出すうちにはがれてどこかへ紛失してしまいそうです。実際、そう言っている人は多いです。
机が斜めになることは滅多に無いでしょうから、ゴム足を付けなくてもMacBook Airが滑り落ちることはほとんど心配なく、また通常の使用時にも文字入力時にすべって動くようなことはありません。逆にゴム足がない分、簡単に手前や奥に滑らせて移動できるので便利なほどです。
どうしても気になる人は、強力な瞬間接着剤(プラスチックやゴムに対応したタイプ)で貼り付けてしまうのも良いかもしれません。
どこのメーカーの保護ケースを使おうかと迷っていながら、実際の使用感がよくわからない人は、このエアージャケットを選択しておけば間違いないと思います。
パッケージにはMacBook Air Late2010用と記載されていたりしますが、もちろんMid2011モデルでも大丈夫(ボクがこれを使っていますしメーカーも公式に書いています)。
最後にエアージャケットを付けた状態の写真を数枚載せておきますので参考にしてください。(なんかボクが映り込んでいて嫌だな〜)

全体

右側面

リンゴマーク

左側面

キーボード

底面

クッション足