読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

受験生の皆さん、まだまだ間に合いますよ

つぶやき

参拝よりも努力

受験の合格祈願などと言って神社などにお祈りに行っている受験生の皆さん。
ボクが神様なら、そんな受験生は落としますよ。
そうやって人がお祈りに行っている間もひたすらがんばって勉強している受験生こそ合格の可能性は上がります。
頭の良さなんて関係ないですよ。
例えば、

arbitration

この単語の意味。頭の良い人はわかるけど頭の悪い人はわからない、なんて言ってると大間違いですよ。
知らないものはどんなに頭の良い人でも知らないんですよ。
知っているかどうかは努力次第です。
覚える努力をした人は覚えますし、勉強してない人はいくら考えてもこの単語の意味なんて出てくるわけないんです。
つまり知ってるかどうかは能力差では無く努力差です。
確かに人間の能力には個人差はあります。でもそんな差なんてたいしたこと無いんですよ。
例えばボクは受験生のときは、1年間に1秒もテレビを見ませんでしたし、毎日夜中の3時まで勉強していました。
おそらく日本中の受験生の中でもトップクラスの努力量だったんじゃないかと誇りに思っています。
周りの受験に失敗した友達が愚痴ってるんですよ。
「あんなに勉強したのに落ちた。頭のいい奴はいいよな。」
なんて言ってます。まったくとんちんかんな話です。
そんな友達にどれくらい勉強したか聞くと、毎日夜10時まで勉強してたって言うんですよ。
ボクが毎日夜中の3時、つまり1日ですでに5時間の差がついています。これが年中無休。
ということは1年間で1800時間もの勉強時間の差がついてるわけです。
そりゃ差ができて当然です。
落ちたのは自分の努力不足なのに、能力のせいにする。よく見る光景です。
別にボクは受験に合格することは人間として立派だとは思いません。
でも、合格を目標として定めたのなら、そのための努力をしてみたらどうですか?
別に一生テレビを見るなとか一生夜中の3時まで勉強しろという話ではないです。
人生の中のたったの1年ですよ。その1年の努力が今後の人生を大きく変える可能性もあるわけです。
本当に自分は日本で一番努力してると言えますか?
センター試験が終わって私大受験や国公立2次試験まであと1ヶ月程度。
今、不調な人。このたったの1ヶ月だけでも日本一努力してみてはいかがでしょう。
たったの1ヶ月がんばって成功を勝ち取るか、たったの1ヶ月すらがんばれずに失敗するか。
どっちを選ぶのも自由です。
受験だけの話では無いです。
何かに失敗したとき、自分の努力不足を棚に上げてませんか?
というお話でした。