読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

奇跡の一瞬を台無しにする人類

つぶやき ニュース

奇跡の一瞬

ロシアに隕石が落下したそうですね。



ロシアに墜落して激突した隕石のとんでもない瞬間を撮影したムービーまとめ - GIGAZINE



地球で暮らす限り、どこにいても隕石の落下に遭遇する可能性はあります。

地球の表面積は約5.1億平方キロメートル。

人間の上から見た投影面積は幅1メートル、前後50センチメートルとして、0.5平方メートル。

そして地球の人口は約71億人。

つまり人間全員の合計の投影面積の合計は35億平方メートル。これは3,550平方キロメートルになります。

これを地球の表面積で割ると、約0.0007%です。

14万2857分の1。

1年は365日で、人生80年とすると、29,200日。

結局、1日1個の隕石が毎日毎日地球のどこかに落ちるとして、それが71億人の誰か1人にでも当たるのを生きている間に見る確率は20%。

自分に当たる確率じゃ無いですよ、71億人の誰か一人に当たる確率です。それが20%しかありません。

自分に当たる確率はその71億倍少ないわけです。

実際には1つの隕石が複数の人に同時に当たったり、その爆発が巨大で多くの人が巻き込まれたりするので、確率はもっと上がりますが、それでも、生きている間に隕石で怪我をしたり死ぬ確率はほぼゼロです。

そういう意味で、ロシアの隕石落下で怪我人が出ているニュースは大きな事だと思いました。

あと、これを書いていて思ったんですが、宇宙は誕生してから137億年。

人間の寿命はせいぜい100年。一瞬です。

今、この同じ地球上にいるすべての人たちは、この137億年の中のほんの一瞬を同時に過ごしている、つまり、奇跡の中の奇跡を体験しているわけです。

1000年前でも無く、1万年前でも無く、100万年前でも無く、1億年前でも無く、今です。

この一瞬を共有しているわけです。



そんな同じ一瞬を過ごす貴重な人間同士が、戦争をし、傷付け合い、殺し合う。バカですね。