読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

最近読んだ二大オススメ漫画「惡の華」と「チェーザレ」

コミック

ロークオリティなオススメ作品

まず「惡の華(あくのはな)」
この漫画はボクはクオリティが低いと思います。
別に画が悪いとかストーリーに問題があるとかではなく、書籍全体の構成って言うんですか編集って言うんですが、安っぽさが醸しだされているんですよね。
なぜなんでしょう?
ストーリーの合間合間に挟まれる作者の回顧録が原因なのかな。
一方のストーリーは、これはボクは個人的には衝撃を受けるほどヒットです。
99%のリアリティ(実際には違うでしょうが)と99%同意できる登場人物の心情。
中学生の頃のボク、高校生の頃のボク、そして大人になった今のボクですら、まるで自分の身に起こりそうな、あるいは、起こったかのような重ね合わせが起こります。
非現実なのに、どこか既視感がある、そんな漫画です。
全体を貫く変態性が、結局、人間として感情移入せざるを得ない感じですかね。
現時点では9巻まで出ていますね。
ボクは全部読んでしまって続きが楽しみで仕方ないです。
紙の書籍版と電子書籍であるAmazonのKindle版があり、ボクは後者をすべてiPhoneで読みました。













ハイクオリティなオススメ作品

いっぽうの「チェーザレ」
1400年代のイタリアを舞台に描かれる歴史上実在の人物の波乱の人生。
政治、宗教、戦争、激動の時代に翻弄される主人公や登場人物。
この作品は、読み始めてすぐに、そのハイクオリティに驚きます。
画風、ストーリー、その美しさ、その迫力、その面白さ。
とにかく引きこまれます。
2006年に第1巻の単行本が出てから現時点でやっと10巻。
おそらく10年単位を費やす壮大な作品になることでしょう。
それでもボクは待ちますよ。
いま、長編ストーリー漫画をひとつオススメするとすれば、これです。














関連記事
手塚治虫マガジン-Shop-は、アップデートでiPhone4/4SのRetinaディスプレイに対応し、格段に読みやすく
ハイスクール奇面組がJコミで無料で読めるようになったので、アプリとともに紹介してみる
DRAGON BALL 全42巻・全巻セット (DRAGON BALL) (ジャンプコミックス)