読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

注意!MacのiPhotoやApertureからFlickrに写真をアップロードするだけではバックアップにならない。

iPhone パソコン カメラ

バックアップと同期の違い

 

みなさん、こんにちは!

先日から、Flickrの記事をいくつか書いています。

 

iPhoneに写真を入れっぱなしの人、iPhoneが壊れたり紛失すると写真が全滅しますよ。こうやって解決しましょう。 - 非天マザー

無料で大容量の写真保管庫「Flickr」のアカウントの作り方。 - 非天マザー

 

Flickrは無料でとにかく大容量が使えるので、写真の保管にぴったりだということです。

iPhoneとMacを使っている人なら、iPhoneで撮ったたくさんの写真をMacのiPhotoやApertureなどのアプリでFlickrにアップロードしているかもしれないですね。

Flickrボタンで簡単にアップロードできるからです。

 

iPhotoやApertureのプロジェクトごとに、きちんとFlickrに同名でSetを作ってくれるので非常に楽です。

ボクもパソコンに過去の膨大な数の写真がたまっているので、プロジェクトごとにFlickrに保管する作業を開始しました。

Flickrボタン

 

しかし!

調べてみると、やっかいなことが。

 

何と、iPhotoやApertureのFlickrボタンでアップロードした写真は、バックアップではなく、同期という位置づけになるのです。

バックアップなら、万が一、パソコンにあるiPhotoやApertureのライブラリが破損しても大丈夫です。

でも、実際は単なる同期なので、iPhotoやApertureのライブラリから写真を削除すると、自動的にFlickrからも、その写真が削除されてしまいます。

 

なんじゃそりゃ〜。

てことは、パソコン側のハードディスクの故障などでファイルが破損すると、Flickr側も削除されるってことでしょうか。

それだと、バックアップにはなりません。

同じ事をやっている人は気を付けてください。

 

同期は同期で便利な面もあるんですが、写真のバックアップをしたい場合には役に立ちません。

 

そこで、解決策を講じることにしました。

 

その解決方法は次回、書く予定です。

お楽しみに〜。