読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneが壊れたり紛失しても中の写真が全滅するのを避ける方法

iPhone パソコン カメラ

現時点で最高レベルの写真保管サービス、Flickr

 

みなさん、こんにちは!

iPhoneで撮った写真って、どうしてますか?

そのままiPhoneに入れっぱなし?

でも、もしiPhoneが壊れたり紛失したら、すべての写真を失うことになりますよ。

あるいは機種変更の時にどうしますか?

失う前に、いつかは、iPhoneから写真を移しておく必要がありますよね。

 

さて、どこに移すか。

昔はパソコンのハードディスクに移して保管するのが一般的でした。

今でもまだ一般的かもしれません。

しかし、パソコンのハードディスクに保管すると、2つのデメリットがあります。

 

  • 故障の可能性がある
  • パソコンが無いと写真を見ることができない

 

ではどうするか?

今は非常に良いサービスが存在します。

それが、

 

Flickr - Photo Sharing

 

です。

Flickr(フリッカー)というのはインターネット上にある保管用のディスクだと思ってください。

いわゆるクラウドの一種です。

クラウドサービスはたくさん存在するんですが、Flickrのすばらしさは、

 

  • 容量が巨大であること
  • 無料であること
  • パソコンだけではなく外出先でスマートフォンやタブレットなどでも見られること
  • 公開、非公開を1枚ごとに設定できること
  • アップル製品以外のユーザーも見られること

 

です。

 

容量は、現時点で1TB(テラバイト)。

これがどれくらい巨大な容量か。

例えば、現時点で最新のiPhone5sで撮る写真のデータの大きさは1枚あたり、だいたい2MB(メガバイト)から3MB。

1GB(ギガバイト)=1,000MB

1TB=1,000GB

つまり、

1TB=1,000GB=1,000,000MB

です。

1テラバイトは百万メガバイトです。

1枚の写真が平均2.5メガバイトだとしても40万枚以上の写真を保管できます。

1日に10枚の写真を撮って、それを365日ずっと続けても100年分以上。

1日に20枚の写真を来る日も来る日も取り続けても50年分以上が保管できますね。

とにかくプロの写真家でも無い限り、ほとんどの人には十分な大容量です。

それが無料で使えます。

 

たくさんの便利な機能があるFlickrですが、iPhoneユーザーにとって、Flickrの特にすばらしい点は、

 

iPhoneで写真を撮ると自動的にFlickrに保管する機能がある

 

ということです。

最初に設定しておけば、あとは日々、普通にiPhoneで写真を撮るだけで、自動的にFlickrにアップロードされます。

なので、余計な手間もなく、iPhoneが壊れたり盗まれたり紛失しても、写真は守られます。

 

これを実現するためにやることは、

 

  • Flickrのアカウントを作ること
  • iPhoneにFlickrの公式アプリを入れて設定すること

 

が必要です。

 

次回以降は、これらのやり方を順番に書いていきます。

お楽しみに〜。

 

ちなみに、このブログで使っている画像も、Flickrを使っています。

Flickrに保管して、その写真を公開設定にして貼っているわけです。

 

Flickr

 

そうそう、iPhoneユーザーならAppleの「フォトストリーム」というクラウドサービスもあるんですが、あれは正直、使い勝手が悪すぎますし、Apple製品のユーザー用なので不便なんですよねえ。

オンにするとかえってややこしいので、ボクはフォトストリーム機能自体をオフにしています。

 

関連記事

無料で大容量の写真保管庫「Flickr」のアカウントの作り方。 - 非天マザー