非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

AmazonのKindle本のハイライトが一部しか表示されない問題と解決法

Kindleにマーカーを引く 

 

ボクは毎日毎日、読書をします。

電車での移動中はほぼ間違いなく読書です。

とにかく徹底的に勉強の毎日です。

 

読書はほぼすべて電子書籍。

AmazonのKindleが大半です。

 

電子書籍のメリットは、重い紙の本を何冊も持ち歩く必要が無いこと。

iPhone1台で何百冊ももちあるけます。

ボクの手のひらにはいつも大量の本が握られているわけです。

そして電子書籍のもうひとつのメリット。

それは、マーカーを引いた箇所をいつでも見直せることです。

紙の本なら大変ですよね。

紙の本の気になる箇所にマーカーペンで線を引いてしまったら消せません。

しかも、その箇所を後で見るには、その本を持ち出してページをめくって探し出す必要があります。

昔の人はムダに苦労していたんです。

しかし、Kindle本ならカンタン。

ほら。これはiPhone版のKindleアプリの画面です。

ライブラリ

 

 

こんな風に、本文に好きな色でマーカーを引くことができます。

紙面

 

 

マーカーを引いた箇所の一覧も見られます。

ハイライト

 

 

会計天国と言う本。

 

 

 

 

これだけだと、iPhone(やiPadやAndroid)のKindleアプリ内で本を開いてマーカーの箇所を見る必要があります。

後から、マーカーを引いた箇所(ハイライトと呼びます)をもっとまとめてみる方法があります。

それはAmazonのウェブ画面です。

 

Kindleハイライト表示画面

 

このURLを開けば、これまでにマーカーを引いたすべての箇所を一覧表示することができます。

 

https://kindle.amazon.co.jp/your_highlights

  

これは紙の本では絶対に不可能です。

超絶便利ですよね。

ボクはこの画面を見て、数年前に読んだ本のハイライトも復習することができました。

 

しかし、よく見ると変なんです。

ボクはKindleを何年も使っていて、すでに数百冊の電子書籍を買っています。

なのに、このページに表示されるハイライトの数、本の数が異常に少ないのです。

どうやら、ずいぶん昔にマーカーを塗った本しか表示されていません。

おかしいと思って調査しました。

そして解決しました。

ボクはかなり初期からのKindleユーザーで、ボクがKindleを使い始めた頃って、アメリカのKindleのアカウントだったんですね。

それが途中で日本版のKindleが登場して日米のKindleアカウントが結合されました。

要は、ややこしいことになったんです。

 

amazon.com

amazon.co.jp

 

この2つが統合されたんです。

 

で、上記のURLで表示されているのは、なぜか、amazon.com、つまりアメリカのAmazonの時代のハイライト。

 

で、おかしいと思って、こちらのURLを開いてみました。

 

https://kindle.amazon.com/your_highlights

  

すると、何と、すべてのハイライトがきちんと表示されます。

ウェブのハイライト

 

 

もう一度、URLを見てみましょう。

 

https://kindle.amazon.co.jp/your_highlights

https://kindle.amazon.com/your_highlights

 

前者がダメで後者がOK。

co.jpがダメで.comがOK。

何が何だか。

まあとにかく、これできちんとウェブでハイライトが確認できます。

 

Kindleを使っているみなさんはどうでしょうか。

もし、あなたが初期からのKindleユーザーで、日米のアカウントを結合した経験があるのなら、一度確認してみてください。

そして、ハイライトを活用しましょう。

 

ちなみに、こちらのURLは新デザインのページのようですね。

 

https://read.amazon.com/kp/notebook 

 

新デザイン

 

 

www.b-chan.jp