非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

勤務先の会社の仕事の営業を自分の個人ブログで書くと言うこと

ブログで仕事を獲得

猫と家

 

 

ボクはサラリーマンブロガーですが、生活費はブログの収益でまかなっています。

なので、会社からもらっている、いわゆる給料は、全部、投資などに回しています。

 

www.b-chan.jp

 

 

ボクの勤務先企業は不動産会社で、何かとノルマがあります。

ノルマと言っても、厳密では無いのですが、そもそもノルマなんて無くても、世の中のどんな会社でも、売り上げが無ければ倒産します。

おおざっぱにカンタンに言えば、社員10人に平均30万円の給料を払うのであれば、毎月300万円の売り上げが無ければ、そもそも支払うおカネなんて無いわけですよね。

実際には社会保険やら税金やら、その他の経費がかかるので、300万円の売り上げでは全然足りないわけですが、とにかく売り上げが無ければ会社は存続できません。

ノルマが無いから平気、なんて、経営の視点から見れば言ってられないわけです。

厳しいノルマを課さなかった結果、会社が倒産して全員が路頭に迷った、なんてことになれば、シャレにもならないわけですから。

 

よって、ボクも、このブログの収益をいかに上げるかを考えつつ、勤務先の仕事で、いかに多くの契約を獲るかを日々、考えて行動しています。

 

ボクはどちらかと言えばIT好きで、こんなブログを書いているくらいなので、ITに関しては詳しくて積極的に活用し、人にも教えるタイプです。

が、不動産業界って、アナログなんですよね。

 

www.b-chan.jp

 

 

www.b-chan.jp

 

 

なので、ボクと同僚とは基本的に話が合いません。

基本的に、勉強量が少なくて時代を先取りしようとしない人たちとはボクは合わないんです。

なので、仕事獲得やら勉強のために社外の交流会、名刺交換会に出るんですが、他社には進んだ人たちもいて、ITを活用して、しっかりと仕事を獲っているんですよね。

 

先日お会いしたのは、新規に立ち上げた建築系のビジネスの営業をブログやらFacebookやらTwitterやらでやっている人。

ボクは、素直に、すごいなと思いましたよ。

外見は日焼けした土建っぽい人なんですが、純粋にひたすらブログを書いていたら、全国から問い合わせがあって仕事につながった、と。

 

ボクは、自分がブログをやっていることは、勤務先にも取引先にも内緒にしています。

隠しているわけでは無いんですが、特にこちらから話もしていません。

特に社内の人たちに話しても理解されませんから。

で、先日お会いした建築ビジネスの人にも、ボクがブロガーであることを黙ったまま、ひたすら感心しました。

 

ボクは、インターネットにも早期から触れ始めました。たぶん、1994年くらいからですかね。

かなりのベテランです。

たぶん、社内でもネットやITのスキルはナンバーワン。

しかし、そう言う人間であるため、かえって、それをマイナスにアピールしているんです。

 

仕事はネットでは無く、きちんと人間同士が顔を合わせてやるものだ!

 

ボクは個人的にはそうは思っていないんですが、社内的にはそう言うことで、

 

あいつはネットだけの人間では無いな。

 

と言う印象を与えているわけです。

しかし上記の通りの、ブログ仕事獲得術。

うーん、これはボクはいままで抜かっていましたね。

 

 

ブログで宣伝

 

 

思えば、このブログ。

1日に何千人もが見に来てくれます。毎日毎日。

Twitterには1万人以上のフォロワーがいます。

これを活用しないのは機会損失ですよね。

もちろんブログの読者獲得のためには積極活用していますが、勤務先の仕事獲得には使っていません。

数年前、ボクがひとりで街の不動産屋さんをしていたときは、Twitter経由でお仕事の話が来たことはあったんですが、それ以来ですね。

 

いちおう、ボクはネット上では本名では無くハンドルネームを使っています。ただし顔は出しています。

このあたりのコントロールはちょっと難しいですね。

次回以降の記事で、ボクの勤務先の仕事の宣伝をしてみようと思います。

ただし、あくまでも社名やボクの本名は出さない前提で。

問い合わせがあれば、会いに行って、そこで初めて名刺を渡す形で。

 

いままでやったことの無い実験ですが、会社のために(と言うか従業員としての自分のために)、試してみたいと思います。