読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneのSafariでページのHTMLを見られる拡張機能アプリ

iPhone SEO,ブログ,ネット収入

アプリの拡張機能でウェブページのHTMLを見る 

 

みなさん、こんにちは!

B-CHANです。

 

2014年は1月こそ9本しかブログ記事を書きませんでしたが、2月1日からは毎日1本以上、1日も欠かさず書くようにし、今日でちょうど300日連続になります。

ちなみに2014年の記事数は、この記事を含めて481本。

ブログ全体の記事数は、この記事を入れて1882本ですが、これまでにSEO対策のために、不要な記事は削除してきたので、それらも含めると、書いてきた記事数はトータルで2000本くらいだと思います。

一番多かった年は2011年で、年間で513本。なので今年は2011年と同じペースですね。

 

よく、毎日毎日、ネタが見つかるものですね〜。

 

今回は、iPhoneのSafariでウェブページのHTMLのソースコードを見る方法。

パソコンのウェブブラウザなら、ページのソースを見るのは簡単ですが、iPhoneのSafariには、その機能はありません。

そこで、アプリを使います。

HTMLソースを見るアプリはたくさんあるんですが、ほとんどが古く、不便なモノばかりです。

一本だけ最新機能に対応しているモノがあるので、紹介します。

 

View Source – HTML, JavaScript and CSS

View Source – HTML, JavaScript and CSS

  • Paul Hudson
  • ユーティリティ
  • ¥100

 

最新機能というのは、iOS8から搭載された、アプリの拡張機能です。

まず、上記のアプリをインストールしたら、Safariで好きなウェブページを開きます。この非天マザーでもOK。

ページを表示したら、ページの一番下をタップしてボタンを表示し、真ん中の共有ボタンをタップします。

画面下部 共有ボタン

 

 

拡張機能のメニューが表示されるので、右端にある「その他」をタップし、View Sourceをオンにて、「完了」をタップします。これでこのアプリがiPhoneの拡張機能としてセットできました。

その他 拡張機能

 

 

では、View Sourceをタップしましょう。

View Source

 

 

はい、HTMLソースが表示されました。

HTMLソース

 

 

右上のボタンを押すとメニューが表示されます。

メニュー

 

 

  •  Highlight string……入力した文字列を検索して強調表示します。
  • Copy to Pasteboard……HTMLソースをクリップボードにコピーします。
  • Send as Email……HTMLソースをメールで送信します。
  • Toggle Highlight……ページのハイライトをオン・オフします。
  • Toggle Line Wrap……改行表示をオン・オフします。
  • Choose Theme……テーマを10種類の中から選択します。

 

 テーマ切り替え。

テーマ切り替え

 

 

改行表示オン。

改行表示

 

 

 画面下には4つのボタンがあります。

 

  • Assets……リンクや画像やJavaScriptやCSSが表示されます。Full Pathではフルパス表示、Last Componentではファイル名のみ表示されます。
  • DOM……DOM画面になります。Expand Allですべて展開、Collapse Allですべて閉じます。
  • Script……JavaScriptを記述してから元のウェブページに戻ると、そのスクリプトを実行します。
  • Info……ページの情報を表示します。

 

DOM画面。

DOM画面

 

 

いかがですか?

ざっと紹介しました。

他の同類のアプリはiOS8の拡張機能に対応していないので、ウェブページのURLをコピーして、アプリを起動してペーストする必要があります。

このアプリならSafariから直接、拡張機能を選択できて、とても便利です。

ブロガーやウェブ開発者なら必須アプリだと思います。