読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

ボクが実際にやっている、激安で毎年iPhoneの新型に買い換える方法

iPhone ビジネス

iPhoneの価格制度を利用する

iPhoneは毎年新機種が出ていますが、ほとんどおカネを掛けずに毎年新機種に買い換えることができます。
ボクが実際にやっている方法です。
まず、iPhoneを買うには現時点ではSoftBankかauと契約する必要があります。
契約すると、毎月2種類の固定費がかかると思ってください。
  • 基本料金・定額料金
  • 本体代金
基本料金・定額料金というのは通信や通話をするために携帯電話会社に毎月払う料金です。
例えばここでは仮に、毎月5,000円としておきましょう。
本体代金はiPhoneの価格ですね。これを毎月分割払いにする事ができます。
例えば仮に本体価格が48,000円で2年間(24ヵ月)分割払いにした場合は、毎月の支払いは2,000円ですよね。
しかし、iPhoneの場合、SoftBankでもauでも本体代金の割引があります。
2年間解約しないという約束で契約すると、本体代金と同じ額を割り引いてくれます。
上記の例なら毎月2,000円割り引いてくれるというわけです。
ということは、実際には本体代金はゼロ円で、毎月必要なコストは基本料金や通話料だけということになります。
上記の例では毎月5,000円だけ支払うと言うことです。
「実質ゼロ円」と言う表示をよく見かけますが、これはまさに実際に本体代金はゼロ円で、基本料金・定額料金だけで済みますよ、って意味です。
この「実質ゼロ円」が無ければ、基本料金・定額料金と本体代金の両方(つまり毎月5,000円+2,000円=7,000円)を支払う必要があるので、この実質ゼロ円制度はユーザーにとっては非常に効果的です。


※ちょっと余談
たまに、
「『実質ゼロ円』なんて詐欺だ」
と言っている人がいますが、上記の通り、「実質」というのは「実際に」という意味なので詐欺でもなんでもありません。
実際に本体代金はゼロ円になっています。
ただし、項目上では本体代金から2,000円引くのでは無く、基本料金・定額料金から2,000円引かれます。
つまり、
基本料金・定額料金5,000円 + ( 本体代金2,000円 - 割引2,000円 ) = 5,000円
ではなく、
( 基本料金・定額料金5,000円 - 割引2,000円 ) + 本体代金2,000円 = 5,000円
ということです。
どっちにしても2年間で48,000円が割り引かれることには違いないので、実際に本体代金分の48,000円が安くなっています。
なので詐欺ではありません。
もし、「名目ゼロ円」と書いてあるのに実際にはゼロ円では無いのなら問題がありますが、「実質ゼロ円」なので、問題は無いわけです。
詐欺だ詐欺だと騒いでいる人は、「名目」と「実質」の言葉の意味を間違えているのでしょう。
Googleなどで「名目GDP」「実質GDP」「名目金利」「実質金利」などを調べて勉強されることをオススメします。

2年契約なのに1年で新機種に乗り換える

さて、上記の通り、携帯電話会社とiPhoneの契約をすると2年間使う前提で割引があることがわかりました。
なので、2年間使えば分割払いが終わるので、解約するのも新機種に買い換えるのも自由で、今使っているiPhoneの本体代金を取られることはありません。
しかし、iPhoneは毎年新機種が出ます。
もし毎年iPhoneの新機種に買い換えるとなると、元の機種は1年で使い終わると言うことになります。
2年間使う事を前提に割引を受けているので、1年でやめてしまえば、その機種の残りの分割払いの残高を支払う必要が出てきます。
上記のように48,000円なら半分の24,000円は自腹で支払う必要が出てきます。
その代わり新機種のほうは再び2年契約をすれば、また割引を受けられます。
わかりやすく言えば、上記の本体代金であれば、毎年24,000円を負担すればiPhoneの新機種に乗り換えられると言うことです。
もし実質ゼロ円の割引制度が無ければ、毎年iPhoneの新機種を手に入れるためには48,000円を支払い、さらに基本料金・定額料金ももちろん払う必要があります。
それと比べると本体代金は半分の負担で済むわけですね。
それでも毎年新機種を買うには24,000円の負担。
これは痛いです。
しかし解決策があります。

iPhoneでしかできないワザ

とりあえず新しいiPhoneに契約を変えたら、古いiPhoneの代金の残高24,000円をいったん支払ってしまいます。
これで分割払いの残高はゼロになります。
あとはその旧iPhoneをヤフオクで売るだけ。
ボクも何度も経験していますが、iPhoneは1つ前の機種でもヤフオクで2万円から3万円くらいで売れます。
なので、いったん24,000円を自腹で負担しても、ヤフオクで売れば回収できます。
仮に2万円でしか売れなくても自腹は4,000円で済みます。
つまり毎年4,000円の負担だけでiPhoneの新機種に乗り換えられると言うことです。
逆にもし30,000円で売れたのなら、毎年iPhoneの新機種に無料で乗り換えた上にさらに6,000円儲かるということです。
ボクはiPhone4Sの64BGモデルの白を今週ヤフオクに出しましたが、33,400円で落札されました。
そしてボクがiPhone4SからiPhone5に乗り換えたときのiPhone4Sの分割払いの残高は36,400円でした。
つまりボクは、わずか3,000円だけ負担してiPhone4SからiPhone5に乗り換えられたわけです。


ヤフオクで高値で売るためのポイント
  • 箱・付属品・説明書はキレイに保管しておく
  • 本体は保護ケースに入れ、画面にフィルムを貼り、できればストラップを付け、傷・落下を防ぐ
  • 脱獄(Appleが公認していない改造)をしない


ボクはイヤフォンや電源ケーブルも市販品を使っているので、箱の中身は本体以外はまったくの手つかずのまま保管しています。

iPhone
箱と付属品

ちなみに、中古の旧機種がこんなに高く売れるのはiPhone以外には考えられません。
ボクはこれまでにもいろんな携帯電話をオークションで売却してきましたが、どんなに高性能機種でも、中古で出してしまえば、せいぜい数千円です。
良いか悪いかは別にして、iPhoneという機種がいかに特別であるかは市場価格からもわかります。

経営の素質

正直言って、別に巨額のおカネが動くわけでも無い小さな話です。
十分にリッチな人は、上記のような事をしなくても、普通におカネを使って買い換えるのも良いでしょう。
しかし実際には、リッチになる素質がある人ほど、きちんとビジネスモデルを組み立てます。
決してどんぶり勘定はしません。
上記に書いた48,000円とか5,000円というのはあくまでも例です。
実際には各社のプランやiPhoneの容量によって料金プランも売買価格相場も異なります。
各自が自分の持っている機種に照らして調べる必要があります。
しかしそれは難しい事ではありません。
小学生の算数のレベルです。
やるかやらないかの話です。
今回の記事を読んで、単なるiPhoneの安い手に入れ方だと解釈して面倒だと思ってしまうか。
それとも他の事業やビジネスのヒントとするか。
それはあなた次第です。
難易度の問題では無く行動力の問題ですね。
どんなビジネスも、収益から費用を引いた値がプラスになることで成り立っています。数字の世界です。
余計な事を考えずに会社にしがみつく「サラリーマン脳」か、常に視野を広げて考えて自分で稼げる「経営者脳」か。
あなたはこれを読んでどう感じましたか?