読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

WindowsXPのシェアが2014年2月に増加というニュースを見て、こう思ってはいけない

パソコン ニュース

シェアは相対的な数値

 

みなさん、こんにちは!

WindowsXPは2001年に登場してから多くのパソコンで使われてきましたが、ついに2014年の4月でサポートが終了します。

もうすぐですね。

ところで、こんなニュースが。

 

Windows XPのシェア、1月に続き2月も微増 | スラッシュドット・ジャパン

 

2014年2月のWindowsXPのシェアが上昇しているわけです。

 

Windows XPのシェアは1月から0.23ポイント増の29.53%。

Windows 8.1は0.36ポイント増の4.3%。

Windows 7は0.15ポイント減の47.31%。

Windows Vistaは0.2ポイント減の3.1%。

 

このニュースを見て、

 

「え?WindowsXPがもうすぐ終了するのに、また売上が増加してるの?」

「手に入らなくなるから、駆け込みで買ってる人がいるのかな?」

 

と思った人、いませんか?

そう考えるのは間違いです。

 

シェアというのは相対的な数値です。

 

例えば、Aが4個、Bが4個なら、Aのシェアは50%ですよね。

その後、Aが3個、Bが1個になると、Aのシェアは75%になります。

Aの数は減っているのにシェアは増えているわけです。

ボクがいつも言っているように、相対的な数値と絶対的な数値を混同してしまうと、

 

シェアが増加→数が増加

 

と思い込んでしまうわけです。

上記のニュースでは全体の個数や売上高は掲載されていないので、どちらとも断定できません。

わかるのは、あくまでのシェアの話です。

シェアの増減のニュースを見るだけで、売上高や個数の増減を断定するのは間違いというわけです。

 

でも、世の中、相対値と絶対値を混同する人、めちゃくちゃ多いんですよ〜。