非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

英語で話せるようになりたい人へ

英語が苦手な人が多い

 

 

久しぶりに英語ネタ。

 

海外の途上国と比べて、まだまだ日本人は英語が苦手です。

英会話教室は無数にあり、学校でも英語教育が盛んです。

もう、何十年も前から日本の義務教育に英語が入っています。

 

なのに、英語を話せない日本人が多いのはなぜでしょう。

 

実は、ボクも英語をたいして話せない日本人のひとりです。

しかし、英語をほとんどわからない日本人かと言われればそうではありません。

受験英語を誰にも負けないくらいやったおかげで国立大学の入試を突破したので、読解や文法問題にはめっぽう強いのです。

 

 

必要の無い練習

 

 

良く言われるのが、日本人は文法にチカラを入れすぎってことです。

しかし、これはボクは疑問です。

なぜなら、英国人も米国人も文法は正確に使って英語を話すからです。

日本人も日本語の文法は正しく使いますよね。

丁寧な言い方でも、軽い言い方でも、文法は合っています。

例えば、自分が昨日、公園へ行ったことを伝えたいときは、

 

「私は昨日、公園に行きました。」

「俺、昨日、公園に行ったよ。」

 

などと言います。言い方は違っても文法は合っています。

文法が間違っていたら、

 

「私は昨日、公園へ行きます。」

「俺、昨日、公園へ行くよ。」

 

なんてことになりますが、そんな人はほとんどいませんよね。

つまり、日本人はいつの間にか正しい日本語の文法を身に付けているんですね。

英語でも同じ。

言い回しの差はあれど、みんな、文法は正しく使っています。

なので、やはり文法を学ぶのは必須です。

 

日本人の多くって、掛け算の九九を覚えていますよね。

九九って、それ自体に文脈は無いので、ホントに単なる暗記です。

全部で81個。何の脈絡も無い掛け算を81個も覚えているんです。

 

実は英語もそれに近いモノがあります。

義務教育で一番最初に、

 

This is a pen.

これはペンです。

 

なんて基本文を学びますが、日常生活で、これはペンです、なんて言う場面はほとんどありません。

使わない文を学ぶのが日本の義務教育であり、だから、みんなが学んでいるのに大半の人は英語を話せるようにはなりません。

最初から九九の発想で行けばいいんですよね。

 

もうひたすら暗記するんです。

日常で使うフレーズを。

 

AmazonのKindleにはたくさんの英語フレーズ本があります。

例えばこれ。ボクも持っています。

 

 

 

 

Kindle版なんて96円ですよ。とりあえず買っておきましょう。

そして、ひたすら覚えるんです。

Kindle版なので、スマホやタブレットで読めます。

電車でいつでも練習できるんですよ。

学校教育ではとにかく文法を。

そして、あとはひたすら例文を暗記していくことです。

 

ボクはたいして話せませんが、英語の国にひとりで行けと言われたら何とかなる程度には話せます。

それは文法を理解した上で、言いたいフレーズを覚えているからです。

挫折している人は、試してみてください。

 

www.b-chan.jp