非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

君たちはどう生きるか

君たちはどう生きるか

 

 

1937年に吉野源三郎が発表した、「君たちはどう生きるか」が2017年に漫画化されて、大ブームになりました。

遅ればせながら、ボクも読んだので、読書感想文を書きます。

 

ボクが読んだのは電子書籍(AmazonのKindle)版です。

 

 

 

 

漫画なので非常に読みやすいですが、漫画部分と小説部分に分かれています。

大半は漫画ですが、間にいくつか、小説部分が差し込まれており、これが意外と長いので、完全な漫画を期待していた人にはキツいかもしれませんが、この部分には非常に大切なことが書かれているので、それを読まないと買った意味はありません。

 

 

痛み

 

 

読書感想文と言っても、事細かに書いてしまうとネタばれになってしまうので、たったひとつだけ書きます。

それは人間の痛みについて。

 

人間の身体って、うまくできていて、異常があると、痛みを感じるようにできています。

胃が痛ければ胃に異常があります。

刃物で切れば血が出て痛みを感じます。

 

もし、人間の身体が痛みを感じなければ幸せか。

いや、痛みを感じなければ、人間は異常に気付かないんです。

痛みとは異常を知らせるシグナルであり、それが命を守ることにつながります。

 

そして、この痛みのシステムは、身体だけでは無く、心も同じ。

 

心に痛みがある状態、不安や恐怖、後悔などは、その人の体験が異常であることを知らせてくれているわけです。

 

だから、もし、そう言った精神状態にあるのであれば、環境を変える必要があります。

例えば、誰かをいじめてしまって後悔の念にかられている。

それは、つまりはいじめることが間違っていると言う信号です。

 

誰かとの関係において不安を感じるなら、それは、関係を改善する必要があると言うことです。

 

人が心の生き物であり、その心が正常に働くのであれば、その異常を改善するための行動ができるんですね。

誰でも過ちを犯す。

それが人間。

過ちを犯すことを防ぐことはもちろん大事だけれど、犯してしまった過ちをどう改善するか。

そのために大切なのは、自分の過ちを認めること。

人間はこれが苦手。

でも、心の中ではきちんとわかっている。

心の中の良心と他人の目との戦い。

 

そこをどう勝ち抜くか。

 

心の痛みがあり、自分で意思決定できるから治療できる。

それが人間です。

 

多くの人が悩むのは、良心を持っているからであり、あとは良心に従って次に進めるか。

 

ボクも不安と戦う日々ですが、こうやって生きながらえています。

 

もし、不安で生きるのがツラい人がいたら、誰かに相談しましょう。

人間は心の痛みがわかるので、きっと相談に乗ってくれるでしょう。

身近にそんな人がいなければ、Twitterでボクに声を掛けてくれてもいいんですよ。

 

ボクもまた悩みながら生きている人間のひとりですからね。

 

なんだか変な読書感想文になっちゃいました。