非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

カプセルホテルに泊まったことはありますか?

出張2日目

 

 

これを書いているのは名古屋への出張2日目の夜中。

と言うより日がすでに変わったので3日目ですね。

 

今回も横浜から名古屋までクルマを運転しての出張です。

で、宿泊予算は1泊あたり5000円程度。

慎ましいですねえ。

 

過去の出張時は安いビジネスホテルを探していました。

ただ、最近はインバウンドの宿泊需要が強いせいか、なかなか予約できません。

なので、ここ数回の出張時はカプセルホテルを選んでいます。

 

 

カプセルホテルとは

 

 

カプセルホテルは、無縁の人にとっては一生、経験しないモノなのでしょう。

ご存じのとおり、カプセルの中で眠るんですよ。

奥行きは2メートルくらい。

幅はたぶんシングルベッド程度。

高さは座れる程度。

ボクは閉所恐怖症で、MRIは苦手ですが、カプセルホテルなら、まあガマンできます。

一応、座れる程度の高さはありますから。

 

で、カプセル内にテレビがあります。

ラジオもあります。

イヤフォンで聞くんですね。

まあボクはテレビもラジオも使いませんが。

あと、電源コンセント1カ所。

そこで今、iPhone、ガラケー、カメラ、モバイルバッテリーを充電しています。

目覚める頃にはすべて満充電です。

空調は調整できないエアコン送風口が1個。

あとは、照明。明るさはダイヤルで無段階調整できます。

鏡もありますね。

ここのカプセルホテルはテンピュールのマット。

寝心地自体は快適です。

空調が各自で調整できないので、室温はだんだんと気になります。

最初は快適ですが、そのうち寒く感じるようになります。

 

こんな仕様で、宿泊費は1泊4000円程度。

安いビジネスホテルと大して変わりません。

じゃあビジネスホテルの方が良いのでは?と思うでしょうが、あえてカプセルホテルを選びました。

理由は2つ。

ひとつ目は朝食つきづあること。

そしてふたつ目が、大浴場があることです。

カプセルホテルはたいていがサウナビルにあります。

今回泊まっているカプセルホテルにも大浴場があり、様々な風呂とサウナを楽しめます。

そして駐車場付き。

 

寝心地の良いテンピュールのマットと大浴場。

安いビジネスホテルよりも断然、疲れが取れます。

しかもチェックアウトしたら、そのままクルマで移動。

かなり助かってます。

 

プライベートな旅行なら、ステキな温泉とステキな寝室のホテルに泊まればいいんですが、制約のある出張の場合はカプセルホテルもアリ。

 

と言うわけで、明日、と言うか今日は、午前は名古屋、午後からは運転、そして夜は横浜のオフィスで仕事の予定です。

そろそろ午前1時。

朝は6時起きなので、もう寝ますね。