非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

自宅に警察官が来たので本物の警察官かどうかを疑った話

警察官が来訪

 

 

夕方、自宅に警察官が来ました。

居住確認のための巡回だそうです。

 

数年前、別の場所に住んでいるときにも警察官が全く同じ理由で来ました。

ボクは、そのときの対応と同じことを今回もやったので書いておきます。

 

服装は完全に警察官のモノ。

警察手帳を見せられました。フルネームも聞きました。

 

その段階ではボクはまだ半ドアにしていました。

 

住民の確認のために、台帳に、住所、氏名、生年月日、緊急連絡先などの記載をススメられました。

書くかどうかは任意ですが、提出しておけば、事故などの際に把握や連絡がしやすくなります。

 

しかし、完全な個人情報。

 

そこでボクは次の手段を採りました。

 

 

電話番号を聞いてはいけない

 

 

相手のことを本物の警察官かどうかを疑ったわけです。

本物そっくりの服装と本物そっくりの警察手帳。

それが偽物だとしても、ボクには判断できません。

つまり、見た目だけでは本物の警察官かどうかはわからない。

ならば、本人確認すればいい。

 

そうです。

 

所属の警察署に連絡するのです。

その旨を、その警察官に伝えました。

フルネームと所属部署を訊ねました。

 

ここで、電話番号まで訊ねてはいけません。

なぜなら、その電話番号が偽物である可能性があるからです。

なので、電話番号だけはボクがネットで自分で調べました。

そして警察署に電話して、その警察官の在籍確認と、本日の業務内容、行き先などを確認しました。

本物の警察官であることがわかったので、やっとドアを開放しました。

その上で、台帳に記入しました。

 

警察官には申し訳ないですが、偽物の警察官が本物を名乗る犯罪が少なからず発生している以上、警察官の服装や手帳だけで本物だと信用することはできません。

 

今回は、ボクは、考え得る本人確認を経たので、台帳に記載し、提出しました。

こう言う巡回活動は全国で行われているので、たぶん、これを読んでいるあなたも、同じ場面に遭遇するはずです。

 

そのときは気を付けてください。

来訪者が来ても、うかつにドアを全開にしないこと。個人情報を渡さないこと。

警察手帳を見せられても、それが本物かどうかはわかりませんよ。

 

参考に、今回の台帳を載せておきます。

巡回連絡カード表

 

 

巡回連絡カード裏

 

 

www.b-chan.jp