非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

仕事で悩みすぎる

プレッシャー 

 

苦しい。

仕事のプレッシャーが大きい。

重い。

 

仕事って、与えられるモノじゃないんです。

サラリーマンなら多くの人は、会社から仕事をもらい給料をもらい、とにかく与えてもらう生活かもしれません。

そうじゃない人が経営者です。

 

与えられる生活をしていると与えられるのが当たり前だと思うようになり、給料の資金源泉なんてどうでもよくなります。

でも給料って会社の売り上げの中から出ているわけですよ。

売り上げが1億円しか無い会社は、どうがんばっても2億円の給料は出せないわけです。

それは気前が良いとかケチとかの問題ではなく、金額の制限の問題です。

売り上げが無ければ、給料を払いたくても払えないのです。

だから、毎月安定して給料が払えるような仕組みを作った経営者、事業を軌道に乗せた経営者はホントにエラい。

そのおかげでサラリーマンは自分でリスクをとることなく安定して給料を得られるんですから。

そしてサラリーマンはそれを意識する機会が少ないわけです。

ところが経営者は違う。

ボクのようにブログでも収入を得ている人間も違う。

売り上げを確保することの難しさを知っています。

収入なんて不安定なのが当たり前で、安定した収入はよほど恵まれたことだと知っています。

すると、ボクはサラリーマンとしての仕事をしている時も、その考えが頭から離れないわけです。

つまり、自分の日々の活動実績と自分の給料が合っているのだろうか、と。

自分の活動は自分の給料を賄うほどの売り上げを生み出しているのか。

給料の源泉を生み出しているのか。

 

そう考えるから、無理に仕事をしてしまうんでしょうね。

 

悩まないこと

 

その時に、ふと思うんです。

これ。

 

www.b-chan.jp

 

そうやって冷静な自分に戻ります。

しかし仕事に熱中していると、いつしかそれを忘れ、また強大なプレッシャーとの戦い。

そんな日々。

 

給料が安くて不満があるから転職する。

そういう話はよく聞きますが、ボクは逆の悩み。

自分は給料をもらいすぎていて、実は自分が知らないところで給料ドロボーのレッテルが貼られているんじゃないだろうか。

むしろ転職した方が良いんじゃないだろうか。

 

これっておかしいんですかね。

 

そうやって、また明日も、体を壊すほど働くわけです。

いや、仕事は好きなんですけどね。