非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

さっさと現金が滅んで電子マネーの世の中が来ますように。

コンビニ

 

 

ボクはiPhoneユーザーであり、そのiPhoneが去年登場のiPhone 7シリーズで日本の電子マネーに対応しました。

当然のように手に入れ、毎日の生活に欠かせなくなりました。

 

それは、このブログの過去記事で何度も書いたので読んでください。

 

ボクはビジネスマンであり、日常の買い物の大半がコンビニです。

コンビニのレジでの所要時間は5秒ですよ。

例えば、朝、コーヒーを買ってレジに持って行き、

 

Suicaで!

 

と言って端末にiPhoneをかざすだけ。

財布を取り出すことも無ければ小銭を数えることもありません。

電子マネーに買い物履歴が記録されるのでレシートも不要。

ホントに支払いは一瞬ですよ。

 

一方で、現金で支払っている人を見ていると、財布を取り出し、財布を開き、小銭を数え、小銭を取り出し、店員に渡し、店員はそれをチェックし、場合によっては釣り銭を準備し、それをお客さんに渡し、お客さんは釣り銭を財布にしまい、人によってはレシートを受け取り、それでようやく終了。

 

タッチするだけのボクと、現金のやり取りをする人。

圧倒的な時間差です。

そして時間差だけでは無く、手間も全然違います。

面倒で遅い。買い物履歴の自動記録もできない。それが現金です。

 

 

現金よ無くなれ

 

 

電子マネーだけになったら、どんなにメリットがあるか。

日本中から貨幣と紙幣が消えたら、その製造のための膨大な材料が不要になります。

製造工場も不要。運送も不要。

とんでもない省エネになりますね。エコです。

ユーザーもそう。

ATMにおカネをおろしに行くと言う無意味な時間がカットできます。

時間帯によってはおカネをおろすのに手数料もかかります。

ATMに向かう道のりで交通事故に遭うかもしれません。

今のボクはATMに行く回数は数ヶ月に1回程度。

ほぼすべての買い物を電子マネーかクレジットで行います。

 

日本中の人が月に1回だけATMに10分並ぶとしたら、それだけで約12億分ですよ。

年に換算したら約2283年。

すべて電子マネーになったら、1ヶ月で2283年が節約でき、その時間を他のことに使えます。

とんでもない経済効果。

もちろん、全国の何万台ものATMをすべて撤去できるので、その膨大なコストも浮きます。

 

お年寄りだって、毎回、小さな小銭をレジで数えるより、端末をワンタッチの方が負担が少ないでしょう。

 

はっきり言って、現金と比べて電子マネーってほとんどデメリットが無いんですよね。

だから、なるべく早急に現金の無い世の中が来るように願っているんです。

 

ただし、現時点での大問題があります。

それは、電子マネーが民間主導で規格が乱立していることです。

 

現在の日本の現金通貨は「円」です。

円と言うおカネを持っていけば、すべての店で買い物ができます。

電子マネーもそうなって欲しいんです。

EdyとかnanacoとかTマネーとか、規格が乱立すると、例えば、

 

当店ではTマネーでははお支払いいただけません!

 

なんて店も存在するわけです。

それじゃ、意味が無い。

 

かつて、SuicaとPASMOは非互換でしたが、いまでは互換性があり、それによって利便性が飛躍的に上がりました。

そう言うことですよ。

電子マネーの規格で競争なんていらないです。

競争が大事なのは、マネーの支払いによって得られるモノやサービスの方なんですから。

 

と言うわけで、ボクは声を大にして言いたい。

 

世の中は基本的には民間がサービスの主導をすべきだが、電子マネーに関しては、国家が介入して統一規格を実現すべし!