読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

高機能なAndroidではなくiPhoneを人にススメる理由

iPhone つぶやき

スマートフォンの利便性

 

みなさん、こんにちは!

B-CHANです。

ある業界にいると、日常的に周囲の人は同業者か関連業種の人ばかりになります。

例えば、IT業界にいれば、自分も含め、当然、ITに詳しい人ばかりになるので、それが当たり前だと思い込みがちです。

例えばiPhoneでクラウドメールを設定するとか、クラウドのストレージを設定してやりとりするとか、地図アプリで目的地へのルートを検索したりするとか、そういうことは当然のように行います。

しかし、世の中全体を見渡せば、それはあくまでも例外であることがわかります。

先日も、iPhoneユーザーになって1年くらいの人と話をすると、ホームボタン(丸いボタン)をダブルクリックしてアプリを終了する機能があることを知らなかったと言っていました。

また、別の人は、地図アプリで目的地までのルート検索機能があることを知らず、教えてあげると驚いていました。

ある人は、検索機能を知らず、過去のメールの本文の特定の文字を一瞬で探しだす機能に驚いていました。

 

こんなふうに、業界にいれば当然知ってることでも、世の中では当然では無いケースがたくさんあります。

自分が詳しいからといって他人も詳しいという思い込みは捨てたほうが良いということです。

iPhone系のブログを書いている人はiPhoneに詳しい人が多いので、さらに便利な機能を日々探してはブログに載せているわけで、ボクのこのブログもまた、そういった記事もたくさん書いていますが、そもそもiPhoneに詳しくない人にはチンプンカンプンということもあります。

人間は自分が所属する業界の事には詳しいですが、それ以外の事については、その業界の人よりも無知であることがほとんどなので、アプリを開発したり、ブログを書いたりする人も、詳しい人よりも詳しく無い人をターゲットにしたほうが大きなマーケットを獲得できる可能性があるわけです。

例えば、iPhoneではホームボタンを長押しするとSiriが起動します。

iPhoneユーザにしてみれば、そんな事は常識だと思うかもしれませんが、それをブログ記事にしてみると、案外アクセス数が大きかったりします。

 

iPhoneをススメる理由

 

IT業界の人はiPhoneにより高度な機能を必要としますが、一般のユーザーが欲するのは一般的な利便性です。

これまでにも書いてきましたが、今のAndroid機はiPhoneより高機能です。

しかしそれは、あくまでも相対的な話です。

ボクは、いつも、相対的な話と絶対的な話をきちんと認識しようと書いてきました。

AndroidがiPhoneより高機能なのは相対的な話です。

絶対的には、AndroidもiPhoneもどちらも高機能です。

わかりやすく言えば、機能的には、100点満点でAndroidは90点、iPhoneは80点と言ったところでしょうか。

つまり、AndroidはiPhoneより高得点ですが、iPhoneもかなりの高得点であるという事です。

90点の端末は便利だけど80点の端末も便利だという話です。

もしiPhoneが絶対的に点数が低ければ、例えば20点くらいであれば、使い物になりませんが、80点あれば、一般の人にとっては十分便利なんです。

一般の人は、メール、メッセージ、SNS、電話、ゲーム、カメラ、地図、検索、アドレス帳、辞書、ニュース、目覚まし時計、音楽プレーヤーなどの使い方を求めると思いますが、これらの機能は、AndroidでもiPhoneでも備わっています。

もし、iPhoneではメールしかできないというのであれば、iPhoneよりAndroidをススメますが、そんなことは無いのです。

つまり、一般の人にスマートフォンをススメるのに、iPhoneの方が相対的に機能が少ないからといってAndroidをススメる動機にはならないんです。

Androidにはインテントや各種カスタマイズ機能など、iPhoneには無い機能があります。

Androidはかなり自由なシステムであり、iPhoneはあまりカスタマイズできない不自由なシステムです。

詳しい人には、このカスタマイズ性は非常に有用ですが、詳しく無い人には不要だったりします。

らくらくホンという簡単な携帯電話が売れていますが、あれは必要な機能を備えつつ、それ以上の機能は排除し、なるべく簡単な操作を実現し、それを好む人が少なからず存在するからですね。

 

スマホのウイルスは99%がAndroid狙い? 〈dot.〉-朝日新聞出版|dot.(ドット)

 

こういうニュースではたいてい、攻撃の対象になるのはiPhoneよりAndroidです。

Androidは非常にカスタマイズ性が高く、システム内部に入り込みやすい分、ウイルスなどの標的にされやすくなっています。

iPhoneはユーザーがシステム内部をいじることが難しく、非常に不自由な分、悪意のある侵入もしにくくなっています。

それと世界的なシェアで見れば、Androidの方がiPhoneより大きいです。

これはAndroidに多くの低価格端末が登場し、年収水準が低い新興国などで売りやすいからです。

ウイルスなどを作る犯人は、攻撃すること自体を目的とする愉快犯も多いので、当然、シェアの大きいAndroidが狙われやすく鳴ります。

 

以上のことを考えると、ボクは一般の人から相談された場合に、使用目的としてはAndroidでもiPhoneでも満たすので、リスクの高いAndroidでは無くiPhoneをオススメするのです。

どうしてもインテントなどのAndroid固有の機能が欲しければ、もちろん目的に合った機種を選べばいいと思います。

 

性能や機能よりも目的で選ぶ事が大切という話は、何度も書いてきたので、関連記事として、ここに載せておきますね。

 

関連記事

MacBook Airの13インチと11インチとで迷っている人への、こんなオススメ解決法 - 非天マザー

携帯電話のエリアの測定方法を各社で統一すると、こんなデメリットがある。 - 非天マザー by B-CHAN

通話料定額は情報弱者のためのプランだと思ってしまうんですが - 非天マザー by B-CHAN

たくさん売れている製品は良い製品なのか。AppleとAndroidのシェアと人生の選択。 - 非天マザー by B-CHAN