非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

マスクをしていても顔認証

絶不調

 

 

ここのところ書き続けているように、風邪です。

38度の体温が4日以上続いています。

しんどくて全然外出していません。

食事はすべて宅配。

ただし、食欲が無く、ろくに食べられません。

入浴も4日間無し。

病院にも行っていないので、風邪かインフルエンザかはよくわかりません。

とにかく、フラフラ。

 

ずっと自宅待機。

暖かくして汗もかいて、それでも直らず。

頭痛、鼻水、喉の痛み、咳がひどいです。

今まで経験したことの無い固い痰(たん)が出ます。

関節痛もひどいです。

くしゃみのしすぎで、それがまたダメージ。

 

まあとにかく絶不調。ヨレヨレ。

 

そんな中、久しぶりに外出しました、さっき。

 

 

マスク

 

 

外出と言ってもボクの自宅から徒歩1分のコンビニ。

宅配の食事ばかりだと高額で、メニューの選択肢も限られるので、やむを得ずコンビニへ。

雪がまだ残っています。

あまりの寒さに驚きました。

完全防寒のマスク姿。

風呂に入っていないので、他人から見たら、怪しく見えたでしょう。

 

いつもどおり、iPhoneだけを持って行きました。

Apple Payで支払うので財布は持ち歩きません。

 

で、コンビニに行っても、食欲が無いため、どれを見ても欲しくなりません。

仕方無いので、飲み込みやすい麺類を選択。

 

そして、いつもどおりレジへ。

ここで、異変に気付きました。

ボクのiPhoneはiPhone X。

Face ID(顔認証)です。

それが正常に認証してくれないんですね。

何度かやっているうちに気付きましたよ。

そうです。

マスクです。

マスクのせいで顔認証ができなかったんです。

そこで選択肢は2つ。

 

  • マスクを外して顔認証
  • パスコード入力

 

マスクは外したくなかったので、パスコードにしました。

 

ボクは思いましたよ。

将来のiPhoneの顔認証はもっと高性能になって、マスクをしていても認証できるようにして欲しいな、と。

とは言え、さすがにマスクは市販品なので、他人でも同じマスクをしている可能性があります。

なので、顔の上半分だけで認証できるようにするんです。

例え顔の上半分だけでも同じ造形の人間は他にいないんですから、顔認証のセンサーの性能が上がれば可能なはず。

あるいは虹彩認証と組み合わせる手もありますよね。

そうすれば、マスクで下半分が隠れていてもOK。

 

それにしても、これほどの体調不良は経験がありません。

思えば、一人暮らしである以上、確実に孤独死するわけです、いつか。

数十年後か、それとも明日か。

年齢的に人生の半分を終えたわけで、可能性は十分にあります。

現に、こんなに体調が悪いわけですし。

なので、このブログは、半ばボクの遺言みたいなモノですね。

そもそも財産を残してあげる人がいないので、ホンモノの遺言書を作る必要も特に無いんですよね。