非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

かほく市ママ課の独身税報道へのツッコミどころがおかしい件

独身税

 

 

石川県にある、かほく市。

そこのママ課の提案が波紋を呼んでいます。

 

www.huffingtonpost.jp

 

 

要は、子供が生まれると生活が大変だから、独身の人の税負担を重くしてね。

てなことです。

 

ボクは永遠の独身で、ボクの歳で独身だとたぶん一生独身だと言われています。

と言うか、婚活をした経験も無いですが。

だから、ボクは、かほく市には住みたくないな、なんて思います。

 

独身者の負担を重くする話なので、当然のように独身者から反発が出ます。

ボクはそれも変だと思うんですよね。

 

昔、ダウンタウンの松本人志が言っていました。

プロ野球のプレーで監督が抗議している間、抗議を受けた側の監督はただ見守っている。

いやいやいやいや、それってルールを守っているのではなく、単に自分のチームに有利な態度をとっているだけだからおかしい、と言うのです。

例えば、バッターが内野ゴロを打って1塁に投げた。バッターランナーの足が一瞬早く1塁に到達したように見えたけど、審判はアウトを宣告した。

この場合、打った方のチームの監督は抗議に来ますが、守る方の監督は見ているだけ。

それがおかしいと言うのです。

ホントにバッターランナーの足が早く到達したように見えたのなら、守備側の監督も、おかしいと言わなければならない、それが正しいルールでしょ、と言うことです。

自分に有利なときは行動して、自分が不利になるときは行動しないのはひきょうだ、と。

ボクは、なるほどね、と思いました。

ランナーの足が早く着いたのなら、自分が有利であろうが不利であろうがセーフなわけです。

だから守備側の監督もきちんとセーフだと言わなければならないんですね。

 

独身税も同じです。

既婚子持ちの人にとって、独身税が実施されれば有利になりますが、でも、そもそも独身税がおかしいわけですから、既婚子持ちの人も反対すべきなんですよね。

 

 

ママ課

 

 

ただ、ボクがその報道で最もツッコみたいのは、そこではありません。

一番の問題は、

 

ママ課

 

の存在ですよ。

そんな名前の課を作ること自体が、

 

子育ては女性の役割

 

と強調してしまっているわけですよ。

ママ課があるならパパ課も作るべきですし、そもそも、

 

親課

 

でいいんですよ。

でも、この話は誰も口にしてませんね。

一番変なのはそこなのに。

 

そのおかしさに気付こうね、かほく市のみなさんとかほく市以外のみなさん。