読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

職場での衝撃的に間違っているIT活用例を今回も紹介します

IT活用の別の間違い例

 

2日前の記事が大ヒット。

 

www.b-chan.jp

 

で、その続きも書きました。

 

www.b-chan.jp

 

で、同じ職場の、また別の衝撃的なIT機器の使い方を書きます。

 

みなさん、パソコンでPDFを作成するときにどうやりますか?

ボクはあらかじめパソコンにPDF作成アプリをインストールしておきます。

例えばこういうの。

 

無料PDF作成・変換フリーソフト CubePDF - CubeSoft

 

で、普通にプリントするわけです。

ただしプリンタではなく、そのPDF作成アプリを選択します。

すると、紙の代わりに、PDFで出力されるわけです。

この方法が一番簡単であり、キレイにできあがります。

まあ、Macの場合は標準でPDF出力できますが。

 

ところが、このたび有名になってしまったボクの職場でのPDFの作り方は違います。

まず、普通に紙でプリントアウトします。

その紙を会社の複合機に載せます。

で、スキャンモードを選択し、「PDFで保存」を選びます。

すると、あらかじめ指定しておいたフォルダに、PDFが保存されるわけです。

 

なかなかの衝撃じゃないですか?

 

何のためのデジタルなのか

 

ポイントは、せっかくのパソコンのファイルをいったん紙に出力して、それを再度スキャンしてPDFにする点。

そうです。

ITとかデジタルの概念自体をまったく理解してないのです。

デジタルは無劣化であることが大きな特徴であり、だからこそのデジタルデータなのです。

しかし、うちの職場の方式では、PDF化を繰り返すたびに劣化していきます。

 

なんじゃそりゃ!

 

いかがでしょうか。

ITを正しく理解し、それを正しく普及させる能力を持つ人が職場にいない場合、このような異世界になります。

ITは便利なモノという概念はまったく無く、単に手で書いていたモノをキーボードに置き換えたにすぎない、そういう職場なのです。

 

ボクのやるべきことがいかに多いか、わかりますよね?