非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

アフィリエイターで所得税の確定申告時に住民税の普通徴収の設定をし忘れた人へ

確定申告

 

 

3月15日が確定申告の期限ですが、ややこしいですよね。

この毎年、3月15日までに行われる確定申告は、「所得税」の確定申告です。

 

これとは別に、「住民税」と言うのがあります。

 

所得税は税務署が、住民税は地元の市町村が管轄だと思ってください。

 

サラリーマンで給料をもらいながら、別途、アフィリエイト収入がある人は、きちんと確定申告しないと、勤務先に知られますよ。

最近は、そんな人も多いんじゃないですか。

まあ、そもそも副業(副収入)禁止なんて、ボクは違法なんじゃないかと思うんですけどねえ。

株や不動産投資でもっと儲けている人もたくさんいますから。 

 

 

住民税

 

 

サラリーマンとしての給料以外にアフィリエイト収入が年間20万円を超えたら、所得税がかかるため、確定申告が必要です。

これを逆に解釈して、アフィリエイト収入が年間20万円以下だから、確定申告しなくていも良いと思ってしまうサラリーマンが多いかも。

もちろん、所得税は不要ですが、実は住民税は、アフィリエイト収入が20万円以下でもかかります。

つまり、給料以外に、

 

  • アフィリエイト収入が20万円超の人は所得税と住民税
  • アフィリエイト収入が20万円以下の人は住民税

 

をアフィリエイト収入に対して払う必要があります。

そして、前者の場合、税務署で所得税の手続きと住民税の手続きの両方をまとめてできます。

確定申告書の第二表の右下に、

 

「給与から差引き」

「自分で納付」

 

の欄があります。

住民税

 

 

前者を特別徴収、後者を普通徴収と呼ぶんですが、これをきちんと後者にしておかないと、前者の場合、勤務先に、アフィリエイト収入分の住民税の通知が行ってしまうわけです。

 

もし、所得税の確定申告の際に、この欄を、「自分で納付」に設定し忘れたサラリーマンの人は、すぐさま、管轄の市町村の役所に行って、改めて、普通徴収の届け出をしましょう。

 

あと、アフィリエイト収入が20万円以下のサラリーマンは税務署での確定申告は不要で、最初から市町村の役所で住民税の確定申告をすればいいです。たぶん、そっちの方が空いています。

 

ただ、最近は、特別徴収が絶賛推進中なんですよね。もしかしたら普通徴収の届け出を受け付けてくれない市町村もあるのかな?

 

もちろん、勤務先に給料以外の収入が知られても問題無い人には関係の無い話ですが。