非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

電子ペーパーの汎用読書タブレットが欲しい

読書

 

 

ボクは読書が趣味のひとつで、年間、3桁は読みます。

100冊、200冊、300冊。

ほぼすべて電子書籍です。

iPhoneか、iPad。

電子書籍のメリットは、先日、書いたばかりですよね。

 

www.b-chan.jp

 

 

で、ボクがいま使っているiPhone Xだと、読書にはちょっと小さすぎます。

一方、9.7インチのiPadだと、ちょっと大きすぎるんです。

なので、8インチのAmazonのFire HDを買ったわけです。

 

www.b-chan.jp

 

これ、サイズ的には確かに良いです。

しかし、使い込むと欠点が見えてきます。

そもそもボクは、読書専用機として、Fire HDを買いました。

なので、読書関係以外のアプリは入れていません。

AmazonのKindleアプリ、Google Play Booksアプリ、楽天Koboアプリなどの読書アプリのみ。

同じアプリをiPhoneにもiPadにも入れています。iPhoneやiPadには、それに加えてAppleのiBooksと言うアプリも入れています。

 

つまり、電子書籍の書店が複数存在します。

 

 

目に優しく汎用の読書機が欲しい

 

 

実はボクは、睡眠障害と診断されました。

昔から仕事が激務で、朝の7時半に出社して夜中の2時や3時に仕事が終わるような生活を10年20年と続けてきて、おそらく身体がぶっ壊れたのでしょう。

睡眠障害です。

その治療の大敵がブルーライト。

パソコンとスマホとタブレットです。

 

そこで、代わりになるのが読書専用設計のタブレット。

例えば、AmazonのKindleと言うタブレット。

 

 

 

 

これ、画面は液晶じゃ無いんですよ。電子ペーパーです。

電子ペーパーは電源を切っても画面が消えない特徴があります。

紙とそっくりで、液晶のように目に悪くありません。

まさに読書マシン。

しかし、このKindleはAmazonのKindleと言う電子書籍にのみ対応しています。

 

楽天のKoboには同じような端末があります。

 

 

 

 

これは楽天のKoboと言う電子書籍専用です。

 

ボクが何を言いたいか、わかってきましたか?

 

iPhoneやiPadやAndroidやFire HDなどのタブレットは、各種アプリを入れれば各社の電子書籍を読めますが、液晶画面で目に悪い。

 

一方、KindleやKoboなどの電子書籍端末は紙にそっくりで目に優しい代わりに、自社の電子書籍しか読めない。

 

そこでですよ。

どこかのメーカーさん。

ボクのために作ってください。

高性能、高機能はいらないのです。

画面が電子ペーパーで、各種電子書籍アプリをインストールできるタブレット。

できれば7インチか8インチくらいで。

そうすれば本体も軽量にでき、薄くでき、バッテリーも長持ち、しかも価格も安い。

 

どうですか?

やるなら恐らくOSはAndroidでしょうけど、欲を言えばiBooksも読めるとベスト。

どこかのメーカーさん、作ってくれませんか?

カメラも音楽再生も不要です。

単純な読書専用。

 

どうか、この文章が、どこかのメーカーさんの目にとまりますように。