読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

「エリートの大半は早起き」と聞いて早起きするのが間違いである理由

つぶやき

エリートは朝型

 

みなさん、こんにちは!

B-CHANです。

 

こんな記事があります。

 

年収1000万エリートの44%が朝型!成功者の共通点「朝型」の3つのメリット

 

 要するに、エリートの人の多くは朝型人間ですよ、という話ですね。

で、こういう記事を見た時に必ず出てくるのが、

 

「自分もエリートになりたいから朝型になろう!」

 

という人。

これは論理的に間違いです。気付きましたか?

ボクのこのブログ「非天マザー」の読者さんなら気付いたと思いますが、なぜ間違いなのかを論理的に説明します。

 

カレー好きの例

 

次の話を考えてください。

 

3年A組の生徒は全員がカレー好きだ

 

3年A組

 

 

この場合、次は成り立ちますか?

 

カレーライスが好きな生徒は全員3年A組だ

 

もちろん成り立ちませんよね。

カレーライスが好きな生徒は他の組にもいるかもしれないからです。

3年全体

 

これを一般的に言うと、

 

AならBだ

が成り立っても、

BならAだ

は成り立たないということです。

3年A組の生徒ならカレーが好きだ

が成り立っても、

カレーが好きなら3年A組の生徒だ

は成り立たないということですね。

 

AならBだ、を「命題

BならAだ、を「

 

と呼ぶので覚えてください。

ある命題が成り立っても、その逆は成り立たない、ということです。

 

命題と逆のいくつかの事例

 

いくつかの例をあげましょう。

 

命題 : 男性なら人間だ……成り立つ

: 人間なら男性だ……成り立たない

 

男性は必ず人間ですが、人間だからといって必ず男性だとは限りませんよね。

 

命題 : カラスは鳥だ……成り立つ

: 鳥はカラスだ……成り立たない

 

カラスは鳥ですが、鳥だからといって、それがカラスだとは限りません。

 

命題 : プリウスは自動車だ……成り立つ

: 自動車はプリウスだ……成り立たない

 

プリウスは自動車ですが、自動車が必ずプリウスだとは限りません。

 

命題 : エリートは早起きだ……成り立つ

: 早起きはエリートだ……成り立たない

 

エリートがみんな早起きをしているからといって、早起きをする人がみんなエリートだとは限りません。

エリート

非エリート

 

 

そうです。

仮にエリートが全員早起き(命題)だとしても、その逆は成り立ちません。

早起きしたからエリートになる(逆)わけでは無いのです。

 

世の中には間違いに気づかない人が多い

 

ある命題に対して、その逆は成り立たないにも関わらず、成り立ってしまうと勘違いしている人は非常に多いですし、そういう記事も多いです。

例えば以前書いた記事。

 

「声の低い男性は出世する」という記事がわかりやすく間違っている理由 - 非天マザー by B-CHAN

 

この記事での調査対象はCEOです。

CEOを調べたら声の低い人が多かったという調査です。

つまり命題は、

 

CEOは声が低い

 

ですね。

しかし、その記事の冒頭に書かれているのは「逆」です。

声が低い人は出世すると書かれています。

調査内容は、

CEOは声が低い

なのに、結論は、その逆になってしまっています。

命題と逆を混同してしまっているので、当然、間違いです。

 

この過ちに気づかない人がとにかく多いのです。

間違いに気づかないから間違った行動に走ります。

例えば、テレビや雑誌などで、

ダイエットに成功した人の多くが朝にバナナを食べている

と聞くと朝バナナダイエットを始める人が増えるんですよね。

これも当然間違いです。

ダイエットに成功した人の多くが朝にバナナを食べている……命題

朝にバナナを食べている人の多くがダイエットに成功する……逆

命題に対して逆は成り立ちません。

 

まあ多くの人が命題に対する逆は成り立たないという簡単な真実に気づかないので、多くの企業は、色んな宣伝を流すわけです。

そしてそれに乗った人たちがまんまと買いに走るわけですね。

まあそれによってモノが売れるんだから良いといえば良いんですが、本質を見誤ると、場合によっては悪い結果を招くので気を付けましょう。

その悪い事例を書いたのがこちらの記事なので読んでください。

この3つの話について、共通の誤りを見つけてください。 - 非天マザー by B-CHAN

 

以上の内容は高校数学で習った人も多いでしょう。習っていても人生で活かせてないんですよね。

人生の重大な局面で真実を見誤ると、大きな損失を被ることになりますし、命を落とすかもしれません。

物事はきちんと論理的に辻褄が合っているかどうかを考えることをオススメします。

判断を間違えているために、何の罪も無い人が誤解によって罪を着せられるという悲しい事件も起きていますし。

そんなことはあってはいけないのです。

 

 

関連記事

逆は必ずしも真ならず(顔が変わった人は整形なのか) - 非天マザー by B-CHAN

パワースポットで恋愛成就!? あなたはこの統計値に関する簡単な間違いに気付きましたか? - 非天マザー by B-CHAN

理屈っぽい人は優しさが無い?いえいえ、それは愛であり、人を救うのですよ。 - 非天マザー by B-CHAN

「批判」は目的ではなく手段であるべき、という話 - 非天マザー by B-CHAN