非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhone X用の6個目のケース

すでに5個を所持

 

 

ボクはiPhone Xを使っていて、すでに5個目の保護ケースを入手しています。

 

www.b-chan.jp

 

 

ボクが保護ケースを使う理由はただひとつ。

1年後に高額で売って、新しいiPhone少ない負担で入手するためです。

 

www.b-chan.jp

 

 

高額で売るためには、できるだけ新品に近い状態で使い続ける必要があるわけです。

そのために重要なのがストラップ。

よく、頑丈なケースに入れている人がいますが、ボクにとってはそれは重要ではありません。

なぜなら、落とさないんですから。

常に手首をストラップに通しているので、iPhoneが落下することはありません。

てことは、頑丈で持ちにくいケースは不要で、ケース自体は単なる傷防止の役割さえあればOK。

むしろ薄いケースの方が助かります。

薄くて透明でストラップホールがあるケース。

そうすれば、iPhone Xの見た目も損なわないですし、持ちやすいですし、落下もせず、傷も付きません。

 

 

バンパーで良い

 

 

ところで、ボクはうっかり忘れていました。

iPhone Xは裏面がガラスです。

つまり表面と同じ。

なので、表面と同じように裏面にもフィルムを貼ることができるんです。

表面のフィルムはすぐに貼りました。

 

www.b-chan.jp

 

 

表面と同じように裏面にもフィルムを貼れば、iPhoneのケースはさらに薄くできます。

と言うか、裏面を傷から守る必要がなくなります。

そうです。

バンパーと言う選択肢が増えるんです。

表と裏はフィルム。すると、それだけで傷から保護できますし、しかも薄い。

あと保護するのは周囲だけ。

これでかなりスリムダウンできます。

ところが、現時点でiPhone Xのバンパーって少ないんですよね。

実際には多いんですが、ほとんどが金属製。

金属製だとiPhoneのデザイン面の特徴を隠すことになるので、ボクは透明なタイプを選ぶことにしました。

 

 

 

透明でストラップホール付きなのは、上記のエレコム製くらいしか見当たらないんですよね。

ちなみに背面用のフィルムはこれにしました。

ガラス製のフィルムです。

 

 

 

これで、表裏ともガラス製のフィルム。見た目的にはiPhone Xそのままです。

それにバンパーケースを付けます。

取り付けはカンタンでした。

 

表面がこんな感じ。

表面

 

 

裏面はこちら。フィルムの左上の形状が気になると言えば気になりますが、まあこんなモノでしょう。

裏面

 

 

左右のボタンもガッツリ保護するタイプのバンパーです。

側面

 

 

底面も丁寧な造り。

底面

 

 

これで、ボクのiPhone Xは、表裏がガラス製のフィルム、周囲がバンパー。そしてストラップで落下防止。

iPhone歴9年のボクですが、バンパーは初めてです。

いいですね。

周囲のみがケースなので、手に持ったときの厚みはほぼiPhone Xそのまま。

薄く感じます。

ただ、このバンパーはややゴツいですね。

希望としては、もっともっと薄くしてほしいです。

ストラップホールさえあれば良くて、耐衝撃性なんて不要。

なぜなら、落とさないんですから。

 

なお、ボクはクリアタイプのバンパーを選びましたが、ブラックタイプもあります。

ブラックと言ってもサイトで見る限り、透き通っているようなんですよね。

もしかしたら、こっちのほうがカッコいいかも。