読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

自分のメールアドレスが流出(漏洩)しているか調べてみよう!

メール パソコン

メールアドレス漏洩 

 

ネット時代とは怖い時代です。

例えば、あなたが自分のメールアドレスを大事に扱っていても、それを登録したサイトから漏洩すれば、あっという間に拡散します。

多くの場合、IDとパスワードを登録すると思いますが、IDはたいていがメールアドレスですよね。

つまり、メールアドレスとパスワードを登録させるサイトが大半です。

そういうサイトへ、悪い誰かがアタックをかけてメールアドレスとパスワードが流出してしまえば、そのサイトへ第三者が簡単にログインできてしまいます。

金融機関ならおカネを引き出されてしまうかもしれません。

怖いですね〜。

で、もっと怖いのは、複数のサイトで同じメールアドレスと同じパスワードを使い回しているパターン。

そうなると、一度、メールアドレスとパスワードが流出してしまえば、他のサイトでもどんどんログインできてしまいます。

だから、ボクは普段から、同じパスワードを絶対に使い回してはいけないよ、と言っているのです。

 

www.b-chan.jp

 

ただ、パスワードはサイトごとに異なるモノを作れますが、メールアドレスはそんなにたくさん作れませんよね。

たいていの人が、メールアドレスはひとつかふたつくらいですよね。

それらを多くのサイトのIDとして使い回すわけです。

これは仕方ないですよね。

せめて、自分のメールアドレスが流出(漏洩)してないかどうかを調べられれば助かります。

 

流出(漏洩)をチェック

 

実は、それを実現してくれているサイトがあります。

こちらです。

 

haveibeenpwned.com

 

このサイトの、

 

email address or username

 

という欄に、自分のメールアドレスを入力して、pwned?ボタンを押しましょう。

ボクも自分のメールアドレスでやってみました。

すると、あらガッカリ。  

流出

 

 

pwnedと言う単語が「侵害されている」みたいな意味で使われているようです。

 

ボクの場合、上記の通り、

  • Adobe
  • Linkedin
  • tumblr

の3つのサイトで、ボクのメールアドレスが流出している(かもしれない)ことがわかってしまいました。

当然、同時にパスワードも漏れている可能性があります。

つまり、このまま放置しておけば、ボクのメールアドレスとパスワードを使って誰かがログインできてしまう可能性があるんですね。

なので、速やかにパスワードを変更です。

 

ちなみに、

 

Notify me when I get pwnded

 

というリンクをクリックしてメールアドレスを送信すれば、今後、流出(漏洩)したときに、通知してくれます。

 

このサイトは、世の中のすべての情報漏洩を網羅しているわけではありませんが、それでも、ある程度の規模のモノは知ることができます。

あなたも、自分のメールアドレスが無事かどうか、調べてみる価値はあると思いますよ。

 

エゴサーチ

 

あと、もっと単純に、自分のメールアドレスをGoogle検索で調べてみるのもいいですね。

自分のメアドがネットでどれくらい出回っているかがわかりますよ。

ボクは幸い、出回ってないようです。

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp