非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iMac 27インチと21インチディスプレイと21インチディスプレイ

3台のディスプレイ

 

 

今日もまたiMacの話。

ボクが買ったiMacは27インチで、以前から使っていたのがMacBook Airの11インチと21インチのディスプレイが2台。

よって、新しいiMacに2台のディスプレイをつなぎたいわけです。

右側のディスプレイにはDVI端子、左側のディスプレイにはDVI端子とDisplayport端子があります。

それらをiMac本体のUSB-C(Thunderbolt)端子につなぎたいんですね。

と言うわけで、あらかじめこれらを買っておきました。

 

 

 

 

 

 

その結果がこれ。

2台とも映らない

 

 

はい、見事に2台とも映りません。

端子の形は合ってるんですが、それで映らないと言うことは信号が違ってるんですね。

ちなみに、iMacにある端子は形はUSB-Cで、その中をThunderboltと言う規格の信号が通るようになっています。

しかし、ボクが買っておいた2つの変換アダプタは、形はUSB-Cですが、おそらくThunderboltには対応していないんですね。

だから映らない、と。

 

 

無事に映った

 

 

と言うわけで、探し回りましたよ。形はUSB-CでThunderbolt規格に対応した変換アダプタを。

で、見つけました。

これです。

 

 

 

 

結果はご覧のとおり。

マルチディスプレイ

 

 

はい、今度は無事にきちんと映りました。左のディスプレイもDVI端子にしましたよ。つまり、同じ変換アダプタを2個買ったわけです。

 

これで、ボクのワークデスクの上は、

 

  • iMac 27インチ
  • ディスプレイ 21インチ
  • ディスプレイ 21インチ
  • iPad 9.7インチ
  • MacBook Air 11.6インチ
  • Fire HD 8 8インチ
  • iPhone 7 Plus 5.5インチ

 

が併存することになりました。

 

そして前回の記事で書いたように、MacBook Airのキーボードとトラックパッドを使ってiMacを操作したいと考えています。

 

www.b-chan.jp

 

 

どうやら、それも実現できそうです。

うまく行ったら、それを次回の記事で書いてみたいですね。

 

それまで、過去のiMac記事でも読んでおいてください。

 

では、お楽しみに〜。