非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

キングダムの紫夏

キングダム第8巻

 

 

こんにちは。

例にもれず、ボクもキングダムと言うマンガにハマっているひとりです。

このマンガ、歴史モノですが、歴史に興味があるか無いかなんて何の関係も無いのです。

マンガとして良くできすぎていて、作者の連載デビュー作とは思えない完成度と人気を誇ります。

国民的マンガのひとつになってしまいました。

マンガ好きとして、人生で多くのマンガを読んできましたが、5本の指に入ると思います。

登場人物の魅力、頭脳戦、戦いのシーン、ちりばめられた笑いにも惹き付けられるんですが、とにかく泣けます。

 

ボクも何度も何度も読んで、そのたびに泣いています。

 

そのひとつがコミック第8巻。

紫夏と言う商人が、子供時代の政(せい)を救出するシーン。

 

 

他人のために

 

 

紫夏と言う女性は、まだ若く、行商人をしていました。

そんな紫夏が趙の国から秦の国に政を脱出させるために、命をかけます。

紫夏と政は赤の他人。

 

紫夏自身が幼い頃に赤の他人に命がけで助けられたんですよね。

そして今度は、自分が赤の他人を命がけで救う。

 

誰かから受けた恩恵は、次の誰かへ。

 

ボクも何度か、このブログで書いたかもしれませんが、ペイフォワードですね。

 

涙無しでは読めない第8巻。

キングダムを読んでいない人でも、この第8巻だけ買って読んで泣けると思います。

ボクも、また読んで、泣きながら、この記事を書きたくなったんですから。

 

生きている以上、ただ命を全うするのでは無く、誰かのために命を使う。

そんな勇気を持てる人間になりたいです。