非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

タバコと言う名のストックビジネス

ストックビジネス

 

 

ボクは過去にタバコを吸ったコトがあります。

非常にスローペースで。

年に2本とか。

 

吸うと、おいしいんですよね。

 

ただ、継続して吸うと中毒になるので、普段は吸いません。

と言うか、ここ10年ほど、吸っていません。

まあ言わば、非喫煙者です。

 

ボクは、このブログで、たまに、ストックビジネスの話をします。

ストックビジネスとは、その名のとおり、積み上げ式のビジネスです。

 

例えば、携帯電話ビジネスはストックビジネスですね。

1人のお客さんが月に5,000円払ってくれれば、それが10人で月に5万円。

毎月、継続して5万円ずつ入ってきます。

 

一般のモノの販売では、それっきりですよね。

パンを1個500円で売っても、翌月に売れなければ収入はゼロ。

 

ストックビジネスは継続的な収入が積み上がっていくのが特徴です。

 

 

中毒

 

 

で、タバコビジネスとは実に巧妙なストックビジネスです。

喫煙者の人の中には、

 

タバコは心の安らぎ

 

のような発言をする人がいます。

タバコを吸うことでストレスの解消になる、と。

 

それこそがまさに、タバコビジネスの巧妙な仕掛けに載せられてしまっているんですね。

 

例えば、ボクはステーキや焼き肉が好きですし、それらを食べると満足します。

しかし、毎日、肉を食べ続ければ、さすがに飽きます。

食べるコトで満足したりストレス解消になりますが、継続できないんです。

 

しかし、タバコの場合、その成分によって、継続性が生まれるのです。

つまり、飽きたらやめられる食べ物と違って、吸い続けないとストレスの解消ができない仕組みになっています。

 

そして、喫煙者自身も、タバコの有害性は知っているわけです。

実際、タバコをやめたい喫煙者もたくさんいるわけで。

 

最近は火では無く電気式のタバコも増えていますが、それは相対的な有害物質の量の違いであって、どちらも、有害であるコトには変わりありません。

吸わないより吸う方が発がん性は高いですからね。

 

もともと人間は、生まれたときからタバコを吸うわけではありません。

途中で吸い始めて、中毒になり、すると、吸わないコトがストレスになる、そんな身体になってしまうんです。

 

タバコを吸うことがストレス解消になるのは、つまり、タバコを吸ってしまったためにやめられなくなった自分の自己弁護なんですね。

 

もちろん吸うのも吸わないのも自己責任。

 

ただし、これだけは理解しておいた方が良いでしょう。

 

中毒性のある有毒物質でやめられない身体にするコトでストックビジネスを形成しているタバコ事業者のビジネスモデルに乗っかっているコトを。

 

ちなみにボクは、タバコと言う余計な荷物を持ち歩く面倒さと、煙に消えていく費用と、吸うコトで周りの誰も幸せにしない(不幸にするコトはある)コトを理由に、タバコはもう吸いません。

特にタバコの副流煙なんて、フィルターを通らない猛毒なわけで、それを自分の子供に吸わせるのは、親による子殺しと同じ意味なので、ボクには理解できないのです。