非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

電子マネーとマイナンバー国家にすれば良い

現金のデメリット

 

 

電子マネーらしきモノが日本で使われ初めて、そろそろ15年ほど。

でもまだ、現金派が多いですね。

ボクはほぼ100%電子マネーです。

 

現金は、製造するのに資源を使います。木材や金属。

保管場所、保管コストも必要です。

運搬のための手段、時間、コストもかかります。

名前が書かれているわけでは無いので、盗まれたら、誰のモノかわかりません。

店舗でも、日々、現金の準備や確認作業が必要です。

レジでのやり取りも必要です。

現金を自宅の床下に埋めて隠すコトもできます。つまり脱税もしやすいです。

不特定多数が触るので、ウイルスなどが付着して病気の感染源になります。

 

 

電子マネーのメリット

 

 

国民ひとりひとりにマイナンバーが割り当てられました。

全国民が電子マネーの手段を持って、それとマイナンバーを紐付ければ、どれだけメリットがあるか。

現金のデメリットはほぼ消えます。

製造する必要も無いですし、保管場所も不要。運搬も不要。

盗まれても電子的な記録が残るので追跡可能。

店舗でも日々の準備は不用です。

レジでのやり取りもカンタン。

マイナンバーと紐付いて電子的に追跡できるので、脱税がほぼ不可能になります。

もちろん、コロナウイルスなどの感染とは無縁。

 

さらに、電子的に瞬時に送金できるので、今回のコロナ騒ぎの様なピンチの際にも、郵送先の確認作業も不要。

役所に現金を受け取りに行って並ぶような作業も不要。

マイナンバーと紐付けば、所得の確認もカンタンです。

所得が減った人だけに援助するのも一瞬でできます。

 

電子的な記録が残るので、自動的に、何月何日に何にいくら使ったかと言う履歴も残り、家計簿にもなります。

おカネの管理がしやすくなるのです。

 

もちろん、わざわざATMに下ろしに行くムダな時間も不要。

 

正直言って、ボクは、現金を選ぶメリットがさっぱりわかりません。

今のコロナ騒ぎで、あらためて電子マネーとマイナンバーの紐付けの巨大なメリットを確認できました。

さっさと電子マネー国家になりますように。

 

www.b-chan.jp