非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

親切にしてくれた人に恩返しはしなくて良いと言う話

キングダム

 

 

もはや国民的人気マンガのひとつ、「キングダム」ですが、ボクが何度も感動で泣かされています。

その中でも特に好きなシーン。

それが、紫夏と言う女性のシーンですね。

 

多少、ネタバレになるので、イヤな人は読まないでください。

 

紫夏には幼い頃に命を救って育ててもらった恩人がいます。

その恩人が歳をとって亡くなる場面。

紫夏は、恩人に向かって、まだ恩返しができていません、と悲しみます。

すると恩人は、自分に対して恩返しをする必要は無い。私はお前を助けたのだから、今度は、お前が誰か困っている人を助ければ良い。そうやって人はつながっていく。

そう言って亡くなるのです。

紫夏はその後、子供時代の政(後の始皇帝)を助けるために命をかけます。

 

 

ペイフォワード

 

 

すばらしい話ですね。

これ、ペイフォワードと呼ばれる概念です。

誰か、困っている人を助ける。

助けた側の人間は人助けをできるくらいの余裕があるわけです。

つまり、そこまで困っていないわけです。

その人に対して恩返しをするくらいなら、そのチカラを、今度は別の困っている人に向ける、と言う発想なのです。

そうやって、助け合いのつながりが広がっていく。

 

ボクはかつて、このペイフォワードを友人から教えてもらって、感銘を受けたので、それを心がけています。

助けてくれた人には、もちろん感謝はしますしお礼も言いますが、それ以上の恩返しはしません。

そのチカラを、また別の誰か困っている人に使うようにしています。

 

助ける余裕のある人に恩返しをしてしまうより、困っている人に資源を使う。

 

どうですか?

すごく、世の中の役に立つと思いませんか?

 

ペイフォワード。

もし、ひとりでも、この考え方に賛同してくれれば、ぜひ実践してください。

ボクも引き続き、そうやって生きていきます。