非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

結婚しない意味

結婚観

 

 

こんにちは。

東洋経済オンラインにこんな記事が。

 

toyokeizai.net

 

 

ボクはここまで独身で、同窓会をすると、ボク以外の20人全員が既婚なんてコトもあります。

少数派なんですよね。

ここまで来ると、永遠に結婚しない確率が高いわけですが、どうなんでしょうね。

50歳の時点で未婚の人は、生涯未婚率にカウントされるそうです。

つまり、データ上は40歳代のうちに結婚をしなければ生涯未婚と見なされるんですね。

ボクもいずれ将来、それに入れられそうな予感。

 

記事を見ればわかりますが、独身の人って多いですよね。

未婚だけじゃ無くて、結婚しても離婚したり死別して独身に戻った人も含めた数字。

2015年時点で4500万人くらいですかね。

日本の3人に1人は独身なんですね。

結婚は減るわ離婚は増えるわ。

とにかく、独身が当たり前の社会になりましたよ。

 

その中で、結婚したい人もいれば、そもそも結婚したくない人もいます。

 

 

未来

 

 

ボクは愛星者なので、日本の国家の将来には大して興味はありません。

 

www.b-chan.jp

 

 

国家のために人は生き、国家のために人は死ぬのではありません。

人が生きるため手段のひとつとして国家が存在するだけです。

国家が無くなっても人間は生きられますが、人間がいなくなれば国家は成立しません。

 

あくまでも大切なのは人間です。

 

だから、国家のために結婚する気持ちはありません。

相手と自分の気持ちのために結婚するんです。少なくともボクは。

 

何だか、一族を維持するための結婚って、ボクはどうしても理解できないんですよね。

 

人間って、地球のあちこちで同時多発的に発生したわけじゃないですよね。

原始の時代には人間は少数で、そこから少しずつ派生して世界中に広がっていき、人口も増加したと考えると、そもそも、地球上のすべての人って、元をたどれば親族ですよね。

今は赤の他人だと思い込んでいる人でも、1000年前は親族だったかも知れません。

1万年前は親族だったかも知れません。

てコトは、ボクが結婚せず、子孫を残さなくても、地球のどこかで100世代前、1000世代前のボクと血のつながっている人の子孫が生きているわけで、ボクの世代で終わったとしても、一族の終焉にはなりませんよね。

●●家

なんて言い出したのは、人類の歴史から見れば、ごく最近ですよね。

日本と言う国は歴史が長い方ですが、それでもせいぜい2千数百年。

人類100万年の歴史から見れば、0.2%ほどですよね。

●●家

の歴史なんて、ごくごく真新しいモノで大して歴史なんて無いんです。

 

すると、子孫を残す意味での結婚は意味合いが薄れちゃうんですよね。

 

ボクが結婚せずにボクの世代で終了すれば、ボクの先祖の墓(と言われている存在)は、そこで終わりです。

逆にボクが結婚して子供が生まれたとしても、その子供が独身で終われば、結局はそこで終わり。

その歴史をつなぐと言う義務のために結婚するわけじゃ無いので、そう言う意味での結婚は全然意味がありません。

 

なので、残るのは、純粋に、子供が欲しいかどうか。

そこでもボクは考えてしまうのです。

子供が存在する人生と、子供が存在しない人生の、両方を経験してみたい。

 

ボクは、子供は好きなので、子供が存在する人生も喜ばしいんですよね。

でも、子供がいない人生も、体験として有り難い。

さらに言えば、結婚して子供がいない人生と、独身のままで子供がいない人生と。

選択肢は増えるんですよね。

 

子供がいない状態は自分の意思で続けるコトはできますが、子供は、生まれてしまえば放棄はできないので、ここまでは、子供がいない状態を維持しています。

言い方を変えれば、踏み切れていないわけです。

 

世の中の生き方の基本が、

  • 学校
  • 卒業
  • 就職
  • 結婚
  • 出産
  • 自宅購入
  • 定年退職

 

のような流れですが、どうもボクには、そこにカチッとハマる勇気は無いようです。

転職しまくり、賃貸で引っ越ししまくり。

特殊技能も高いモチベーションも無い。

サラリーマンもしていますが、そこでの出世にも興味が無い。

 

さらに言えば、人間の身体は水とたんぱく質と炭水化物でできていて、死ねば、それらが分解されるだけ。

死んだ後は、納骨、と言う行事が行われるコトが多いですが、それまでに生きてきた人体はすべて、地球上のどこかの食べ物の栄養素の蓄積なんですよね。

要は、様々な食べ物の寄せ集めの結果が人体であり、骨です。

骨を納骨するのは、世界中の食べ物の一部を寄せ集めているだけにすぎない。

ボクはそんなふうに考えてしまうんですよね。

何億年後かは知りませんが、この地球もいずれは無くなります。

街も故郷も墓もすべて消滅します。

ボクたち人類は、そこに向けてばく進中です。

 

結婚していない人たちは、ボクも含めて、あらゆる面で自由行動です。

その自由行動のひとつが、結婚する、や、子供を作る、なのです。

既婚者は、結婚することはできません。

生活の様々な面で、家族の制限の中で動く必要があります。

 

結局、自分のどこかに、その自由を求めている部分があるのかも知れません。

結婚が良いか悪いかとは全く別の話で、結婚しないコトのメリットって、実は数多いな、と。

もちろん、国家は、結婚を推奨するので、税制などで、既婚者に有利なように制度設計しますが。

国家の策のとおりに生きるか、それとは外れて生きるかは自由です。

そして、そんなふうにボクを考えさせる脳の活動も、実は、数千年前から決まっていたのかも知れません。

 

www.b-chan.jp