非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

カメラとしてのiPhone 11が欲しい

広角レンズ

 

 

iPhone 11とiPhone 11 Proが発売になりました。

 

もはや、スマートフォンはその名と違って、電話としての用途よりもカメラとしての用途が中心です。

スマートフォンでは無く、スマートカメラと呼んだ方が良さそうです。

 

iPhone 11シリーズには、新たに超広角レンズのカメラが搭載されました。

ボクは、これだけでも買いだと思っています。

もちろん画質を考えれば、単体の一眼レフやミラーレスカメラの方が良いんですが、それらは、画質と引換えに持ち歩きにくいというデメリットがあります。

スマホの場合は、単体カメラに及ばない画質ながら、いつでもすぐに撮れる利便性があります。

また、光量が十分であれば、画質もかなり良くなります。

 

そこへ来ての超広角レンズ。

35mm換算で13mm。F値は2.4。

このスペックのレンズは、単体のカメラでも持っている人は非常に少ないのです。

この明るさで、この画角。

これは、一般の多くの人が今までに経験したコトが無い画像を撮影できると言う意味です。

 

実際、その広角の画像を楽しんでいる人が続々と登場しています。

なので、今回の記事は、Twitterから、そう言う人を拾って終わりにします。

 

 

超広角レンズiPhone作画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いかがでしょうか。

たぶん、人間の歴史の中で、13mmと言う超広角レンズが一般に普及するのは初めてのコトじゃないかなと思うんです。

なので、当面は、多くの人が見たコトも無いような写真が出回るのがブームになると予想しています。

 

ボクも、在庫に余裕ができたら買いに行こうかと思います。